HOME > コラム > 患者さんとのコミュニケーション > 患者さんとのコミュニケーションに欠かせないもの

患者さんとのコミュニケーションに欠かせないもの

看護師は患者さんとコミュニケーションをうまくとることによって、患者さんのニーズに合わせた看護を提供しやすくなります。

今回はコミュニケーションの重要性とそのポイントを紹介していきます。
 

コミュニケーションの重要性

コミュニケーションは、相手にものを伝えるためだけではなく、患者さんとの信頼関係にも大きな影響を与えます。

特に看護師は、患者さんとの信頼関係を築くことによって、気持ちを引き出していく必要があります。なぜなら、気持ちを引き出すことで患者さんが必要としていることが理解でき、どのような看護を提供したら良いかを知ることができるからです。

患者さんの個別性をどのように出していっていいか悩む看護学生にとっては、ヒントを得るチャンスとなるのです。

コミュニケーションには相手を知ることが大切

コミュニケーション
患者さんとのコミュニケーションに必要なことは、まず患者さんを知ることです。

例えば、高齢のため左耳に難聴を患っている患者さんの場合、ふつうの声で正面から話しかけても患者さんは聞き取ることができません。

あらかじめ情報を得ることや、観察することによって、右側から大きな声で話しかけるといった行動がとれます。

このように患者さんとコミュニケーションを行うためには、まずは患者さんの情報収集と観察から、コミュニケーションに必要な項目についてアセスメントし、行動にうつしていく必要があります。

看護師はコミュニケーション能力アップが期待できる職種

このように日々アセスメントを行いながらコミュニケーションをとることによって、看護師はその能力が向上していきます。

また、患者さんと接する機会が多ければ多いほど、よりコミュニケーションが上達していくのです。そのため、コミュニケーションを上達させたければ、いろいろな人とかかわるということが大切です。

たくさんの人とかかわりながら、アセスメントをしたり、学校で習うコミュニケーションに必要なスキルを取り込んで実践していくことによって、その成果が実感できるようになります。


このようにコミュニケーションは看護にとって欠かすことができないものですが、観察やアセスメントによってその能力は向上してきます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「患者さんとのコミュニケーション」の関連記事