HOME > コラム > 患者さんとのコミュニケーション > 困った患者さんの対応ってどうするの

困った患者さんの対応ってどうするの

患者さんにはいろいろな人がいます。中にはセクハラや暴力、コミュニケーションが苦手といった患者さんがいることも確かです。そのような人と出会ったときに、看護師として自分が被害に合わないために知っておくべきことがあります。
 

患者さんはいろんな人がいてあたりまえ

人はそれぞれ育ってきた環境やその人の持っている性格によって、行動や言動などもさまざまです。しかし、病気になると入院生活を余儀なくされますから、知らない患者さん同士でのトラブルも起こりえます。

例えば、隣の人のいびきがうるさくて眠れないことや、自分には面会者がいないのに隣の人は面会者が来てうるさいなど、そのようなちょっとしたことからトラブルが発展するケースも多いです。

また、患者さん同士だけではなく、怒りの矛先が看護師などの医療従事者へ向けられることもあります。そして、中にはそのようなストレスからくる怒りだけではなく、セクハラや暴力などの行動をとる患者さんもいます。

このような患者さんの多くは、人格によるものもありますが、病気によって心を病んでしまい、どうしようもない怒りや不安、ストレスなどによってそのような行動に至ってしまう人もいるのです。

困った患者さんの例

困った
このような困った患者さんには、種類があります。

ひとつめは、セクハラをしてくる人です。特に男性では入院生活が長くなると、性的欲求不満にも陥りやすくなります。なぜなら、24時間他の患者さんや看護師、医師などが出入りする病室で生活しているため、一人で過ごす時間が少ないためです。そのように溜まった欲求を看護師にセクハラというかたちで解消しようとする人がいます。

ふたつめは、暴言や暴力をする人です。このような人は、性格的なものもありますが、疾患による症状や入院生活によるストレスなどから、そのような行為にはしります。

自分の身を守るために必要なこと

このような困った患者さんへの対応は、特に若い看護師では困ってしまうことが多いです。しかし、どのような背景があるにせよ看護師は身を守らなければいけません。

まず、このような患者さんに出会ったときにはすぐにナースコールを押して助けをよんだり、大声を出して周囲に知らせます。そして、そのことは師長に相談して、対応してもらうようにすると良いです。

病院からの注意をしても困った行為がなおらない患者さんは、強制的に退院させられる場合もあります。


このように困った患者さんに出会った場合には、すぐに助けをよぶことと、上司に相談することが大切です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「患者さんとのコミュニケーション」の関連記事