HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 保育園看護師募集で気にするべきこととは。お給料の上限と下限の差はどれぐらい?

保育園看護師募集で気にするべきこととは。お給料の上限と下限の差はどれぐらい?

小さな子どもとの付き合いが好きな人にとって魅力的な看護師の働き方が保育園勤務です。
保育園看護師募集を探すときにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。
働く上での心構えを気にかけつつ、実際にもらえる給料がどの程度になっているのかといった点も十分に考慮しましょう。

保育園看護師として働く際の確認事項

保育園看護師募集を探して働こうと考えたら、通常の看護師との違いをよく理解しておく必要があります。基本的には保育園にいる子どもたちの面倒を見るのは保育士の仕事であり、体調が悪くなった子どもの世話をしたり、健康を維持するための指導を子どもや両親に対して行うのが仕事です。

それが自分の仕事のスタイルとして良いかをまず確認してから募集に目を向けましょう。
募集の上で通常の看護師との待遇の違いを気にしているなら確認が欠かせません。

通常は週末に休めて、残業もない職場がほとんどであるのは魅力です。
ただし、最近は土日も開いていたり、開演時間をのばしたりしている保育園もあるので、その場合には休みが不定期になったり、残業が必要になったりする場合もあるのです。

保育園看護師の給料

11-21

保育園看護師募集を見るときに気をつける必要があるのが給料です。
保育園看護師の給料は平均から見るとかなり低いのが実情であり、就職したての頃は年収で200万円少々、その後もずっと働き続けても300万円を少し越える程度なのが平均的な状況となっています。

施設間でもそれほど大きな違いはありませんが、私立か公立か、あるいは企業保育園などの特殊な環境かによって年収にも差が生じるのが実情です。
初任給が高くても昇給が少ない職場もあれば、その逆になっている場合もあるため、給料事情はよく情報を集めてから就職するのが無難でしょう。

運営の事情を把握して調べる必要性

運営事情をよく理解してから保育園看護師募集に応募するのも重要な点です。
看護師が保育園で行う仕事は基本的には衛生指導や体調の悪くなった子どもへの適切な対応となっています。

しかし、保育士としての仕事の兼任をする必要があったり、周辺の雑用も職務に含まれたりする職場もあるのが事実です。
看護師や保育士を含めた職員が不足している状態で運営している保育園が多いため、それに応じて待遇も異なってきます。よく現場の事情を理解してから選ぶようにすると、実際の仕事内容について満足できるかどうかが大きく変わるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事