HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > お金のために働く考え方はアリ?ナシ?保健師の給料・年収は最高いくらもらえるか

お金のために働く考え方はアリ?ナシ?保健師の給料・年収は最高いくらもらえるか

保健師として働くと看護師として働くよりもお金が稼げるのではないかと考える人もいるでしょう。そういった考え方で働くのは賢明な判断なのでしょうか。実際に給料としてどの程度がもらえるのかをよく知ってみると魅力の高い選択肢であることがわかります。

看護師と保健師の平均年収の違い

看護師として働くと平均年収が高いことがよく知られています。
それを魅力に感じて看護師資格を取得する人も多いのが事実でしょう。

しかし、さらにその上位とも言える保健師の資格を取得するとより平均年収は高くなります。530万円が平均として知られている額ですが、年々変化しているので数年前はさらに高い状況がありました。看護師の場合には470万円程度で推移していることを考慮すると、高年収で働いていきたいという人にとって魅力があるでしょう。

実際の仕事内容にこそ違いはありますが、お金のために働きたいと割り切るのであれば特に保健師を選ぶのは賢明な判断になります。

保健師として働くと目指せる1000万円

9--16

実際には保健師として働くと目指せる年収はかなり高くなります
職場によって大差があるからであり、特に企業で働くと雲泥の差が生じるでしょう。企業を選んで働けば理想とされる1000万円を毎年手取りで手に入れられるほどにまで収入が大きくなる場合もあるのが実情です。

働き始めてからすぐにこういった高い待遇が得られるわけではありませんが、それは看護師でも同じことでしょう。
より稼ぎたいと考えたら企業で働く道を選ぶと理想を実現できる可能性があります。

勤続年数と職場選びが大切

もしお金のために働こうと考えて保健師を目指すなら、重要になることが二つあります。
一つは勤続年数が大きな影響を及ぼすということです。
企業で働くと勤続年数による昇給が比較的大きいため、一年でも長く働いていた方が有利になります。そのため、資格を取得したら速やかに仕事先を探してずっと同じ企業に働き続けるようにするのが賢明な選択になるでしょう。

しかし、就職を急ぎすぎて職場選びの吟味を怠ると低収入の生活を送ることにもなりかねません。あまり多くの募集がないため、急ぎ過ぎるとあまり収入が高くならない企業に就職してしまうことになりがちです。

タイミングがとても大切になるのが高収入を目指して企業保健師となる道と心しておきましょう。しかし、看護師として働くのに比べると年収の期待値が高いのは事実となっています。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事