HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 公務員看護師について【どうやったらなれるの?報酬や仕事内容の違いとは?】

公務員看護師について【どうやったらなれるの?報酬や仕事内容の違いとは?】

安定性や福利厚生の充実を望むのであれば民間の病院で勤めるよりも公務員看護師に転職した方がおすすめです。
特に国公立病院に転職した場合、国家公務員並の扱いとなり、民間病院と100万円近い年収の差が出ます。
退職金も最高額は3000万円と、好条件なのです。国公立病院ほどではないにしても都道府県の医療機関に勤める場合にも地方公務員なみの条件は受けられます。

転職は可能

看護師が公務員看護師に転職する場合試験に合格する必要はありません
通常の転職と変わりないので、わざわざ試験対策をしなければならないということはないのです。ただ、メリットが大きな職場だけに競争率の高さは覚悟しておく必要があります。

ただ、1度入れれば給与水準の高さだけでなく、昇給率の高さもあります。
育児休暇など福利厚生の面でも充実しているため妊娠出産後も育児と仕事を両立して続けていくことがやりやすいのです。

通常は妊娠・出産は女性看護師が仕事をやめるキッカケとして大きいものですが、両立できるためやめる人が少なくなります。長くいればいるほど昇給していくので定年まで勤め上げる人が多くいます

求人はとても少ない

6--9

そのため求人の数自体とても少ないです。その求人を広く一般に向けて出すとすると応募が殺到してしまって大変なことになるので、たいていは一部の求人サイトにのみ情報を流すようにしています。

もしも希望するのであれば、公務員看護師を専門に扱っている求人サイトを見つけ、そこで会員登録するようにしましょう。一般の人が自由に閲覧できるような場所にはなく、会員のみのページに載っていることがほとんどだからです。
普通に探しているだけではなかなか求人を見つけ出すこと自体難しいのです。

サイト登録が便利

できれば複数の看護師求人サイトに登録しておき、より多くの情報を手に入れられる環境を作っておきましょう。会員登録無料のところが多いので、いくつも登録していても特に予算面で問題はありません。サイトのほうにも希望をきちんとつたえておきましょう。
あとは根気良く活動することが大事です。

筆記科目などの試験を受けるわけではないので立場としては準公務員です。
ですが、安定性や給与水準の高さ、福利厚生など十分同じような扱いとなります。

国公立の大学病院や公立保育園・自衛隊病院など一般の病院以外にも職場はさまざまあります。ただ、それぞれに給与や福利厚生など待遇が異なってくるのできちんと調べてから応募するようにしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事