HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 看護師の就職について【就職率や待遇の違いについてご紹介します】

看護師の就職について【就職率や待遇の違いについてご紹介します】

世の中には様々な職業がありますが、看護師のその中の一つです。
病院などの利用期間であれば必ずと言って良いほど姿を見ることになる医療専門職の一種です。この看護師という職業は普通の就職に比べてかなり特徴的な要素がありますので、この道のすすもうかと考えている場合にはぜひ知っておくべきであると言えるでしょう。

就職率が非常に高いのが特徴

看護師の仕事には様々な種類がありますが、その大半は病院などの医療機関での仕事です。非常に責任重大な仕事であり、やりがいがある一方で重労働であるという特徴も持っています。そのため常に人手不足となっている状況が慢性的に続いているのです。

そのため就職を希望すればすぐに仕事を見つけることが出来るという職業的な特徴があります。条件に極度にこだわらなければ全国どこでも希望すれば働ける状況になっていると言えるでしょう。これは他の職業の就職ではあまり見られない特徴です。

仕事の種類によって大きく異なる待遇

6--21

看護師の需要は高いですが、人気のある仕事とない仕事の差が大きいのも特徴です。
特にリスクが高い仕事は敬遠される傾向が高いですし、夜勤業務についても避けたいと考える人が少なくありません。

しかしこの様な業務に対応するかどうかで待遇が全く変わってくるという特徴があります。全般的に人手不足ですので就職しやすいという状況は変わりませんが、勤務内容によって大きく変わる手当は一つの特徴であると言えるでしょう。
夜勤のない仕事、リスクの少ない仕事等は給与待遇面では落ちるのが一般的な傾向です。

公務員や一般企業への道も特殊

看護師と言う医療専門職の立場で公務員として働く場合には、他の職種の様に公務員試験を受けるのではなく公立病院などの試験を受けることで代えることが出来る仕組みになっています。

また一般企業への就職の場合も看護師という職種のための枠が存在しており、他の職種の場合とは明確に分かれている場合が少なくありません。

これは看護師の業務の特殊性が関係しているものであり、特に一般企業では育成が難しいということもあるため、既に一定の医学的な知識と経験を持っている人材を登用することによる傾向であるとも言えます。

公立病院の場合はそれほどでもありませんが、一般企業に看護師として入社していくことは狭き門である場合が多く、決して優遇されているわけではありません。しかしながら他の職種とは少し異なる道になるのは事実です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事