HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 集中ケア認定看護師の資格取得方法とは。勤め先はどうやって見つける?

集中ケア認定看護師の資格取得方法とは。勤め先はどうやって見つける?

集中ケア認定看護師になるとICUや救急外来での活躍が期待されるようになれます。
資格を取得するためにはどのようなプロセスが必要になるのでしょうか。認定を受けることができたら次の勤め先を探す段階に至れますが、豊富な仕事先があると理解しておくと良いでしょう。転職の機会としても活用できるのです。

集中ケア認定看護師になるのに必要なプロセス

集中ケア認定看護師となってICUや救急外来で活躍しようと考えたら、定められた教育課程を修了して認定審査に合格することが必要です。
教育課程を受けるためには看護師の資格に加えて集中ケア領域での実務経験が3年以上、看護師としての実務経験が5年以上あることが求められています。

教育を受けるために入学試験に合格して、六ヶ月間に及ぶ通算で615時間以上に及ぶカリキュラムを修了すると認定審査を受ける資格が与えられるというのが基本的な仕組みです。
カリキュラムには座学と実習が組み合わされていて、飛躍的に集中ケアのための知識とスキルが身につけられます。
そして、認定審査に合格すると集中ケア認定看護師としての認定を受けられるのです。

認定を受けたときの二つの選択肢

10-29

認定を受けることができたら勤務先を探さなければなりません。
もともと勤めていた病院でキャリア支援を受けていた場合には、資格の取得を終えたら現場に戻れることも多いでしょう。

半年のタイムラグができるものの、それ以前よりも高いスキルをもって働けるようになり、速やかに現場の感覚を取り戻して働けるようになるはずです。

これが一つの選択肢ですが、認定を受けたらキャリアについてはもう一つの選択肢があります。転職をして自分の能力を生かせる職場を探す方法です。集中ケア認定看護師の資格を武器にすることで広い勤め先の候補から選べるようになるでしょう。

豊富な転職先の活用

基本的に救急外来がある病院であれば集中ケア認定看護師の活躍の場があります
病院の規模によらず、救急外来では常に判断力が高い人材が求められているため、他の看護師に比べて有利な立場で転職が可能です。

幅広い病院の中から選んで転職できるのがメリットであり、資格を取得したのを機会にして自分が働きやすい病院を求めるのも賢明な判断でしょう。
病院だけでなく、救急救命センターなども候補にあがります。また、ICUや救急外来以外でも手術の多い病院の診療科では採用される可能性が高く、転職先が豊富になるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事