HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 看護師アルバイトの仕事内容とは?やめる時に注意しておきたいこと

看護師アルバイトの仕事内容とは?やめる時に注意しておきたいこと

看護師はアルバイトで働くとどのような仕事をするのでしょうか。常勤に比べると状況に応じてやめるのが楽であるという認識をしている人もいます。しかし、社会で働くからには気をつけておかければならないことがあるので留意しておきましょう。

アルバイトで働くときの仕事内容

看護師は病院やクリニック、老人福祉施設など様々な職種でアルバイトができます
常勤で働いている人もいる中で働く場合が多いものの、仕事内容が常勤と全く同じわけではないのが通常です。

常勤に比べると施設内にいる時間が短く、毎日いるわけではないという点に違いがあるため、それに応じた仕事が割り振られる場合がよくあります。
典型的には常勤看護師のサポート的な役割をするものであり、欠員分をうまく補うように仕事を任されていくのが一般的です。

基本スキルがあればできる採血や投薬などの病棟管理を行ったり、外来のサポートに回ったりして長期的に働き続けていなくても対応できる仕事が多いのが特徴です。

やめる際には立つ鳥跡を濁さず

9--16

看護師はアルバイトをしていると仕事内容がサポート側になりやすいので、仕事をやめやすいと考える人もいます。確かに常勤で働いているよりはやめやすいものの、そのときには立つ鳥跡を濁さずということを忘れないようにしましょう。

特に働き始めてから長くなると常勤と同様に引き継ぎが必要になる仕事を任されるようになることがよくあります。そのため、やめようと決めたらその仕事を確実に他の看護師に引き継ぎ、必要に応じてノートなどを作って必要事項を参照できるようにまとめておくことが大切です。

アルバイトとはいえ現場の一員として働いてきたからには、自分がいなくなったことで業務に支障が生じないように十分に気を回すようにしましょう。

早めに切り出して時間を確保

引き継ぎには必ず時間がかかります。そのことを念頭に置いてやめるときには早めに上司に切り出しましょう。看護師が不足しているからこそアルバイトを雇っているので、一人来なくなるというだけでも上司は頭を抱える場合も少なくありません。

新しく看護師を探さなければならないとなると、その確保にも時間がかかるでしょう。
その点も思いやって、やめると決めたらできるだけ早く上司に意志を伝えて、自分がいなくなってからの現場の業務に支障が生じにくいように配慮することが大切です。
やめやすいからといってむやみにそのメリットを活用せず、社会で働くからには必要な気の使い方ができるようにしましょう

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事