HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > お給料が高い保健師の仕事内容とは。どういう環境で働くと給料が高くなる?

お給料が高い保健師の仕事内容とは。どういう環境で働くと給料が高くなる?

保健師は看護師資格がなければなれないものであり、上位の職種としてしばしば注目されます。その仕事内容は看護師とはどのように違うのでしょうか。
給料が高い職種として知られていますが、どのような種類があって、どこで働くと高収入を目指せるかについても知っておきましょう。

代表的な保健師の種類と給料事情

保健師として働く際には大別して4つの仕事先があります。
企業、病院、行政、学校がその4つであり、このうちで行政と大半の学校、一部の病院では公務員となります。公務員の場合にはほとんど給料が決まっていて、国家公務員となれば地方公務員よりも少し収入が多くなるでしょう。

しかし、実際の状況として、行政に携わる場合には平均年収が500万円程度、学校保健師や病院保健師の場合には400万円程度が一般的です。全体としてみると平均年収が530万円程度あるとされているのと比較するとどちらを選んでも比較的給料は少なめです。

しかし、仕事が安定していることに加えて、勤続年数で着実に収入が増えていくのは魅力的となるでしょう。
これに対して企業や私立の病院、学校に勤めると年収の幅は広くなっています

仕事内容の基本的な状況

9--17

保健師として働くと病気の予防が基本的な仕事になります。
感染症予防のための呼びかけを行ったり、健康管理の事業の立案を行ったり、衛生環境を整えるたりするのが基本です。病気の治療に携わる看護師とは大きく仕事内容に違いがあるのが特徴となっています。

特に行政に関わるようになるとどちらかと言えば法律を取り扱うことが多くなるのが一般的であり、看護師としてのスキルはほとんど必要とされません。現場に来てから法律や社会衛生について学び、それに基づいて仕事を行うことになります。

高収入を目指すなら企業へ

収入の高さに魅力を感じて保健師になるなら、給料が高いと期待される企業に勤めるのが最も良い選択肢です。企業の場合には大抵は一般的な社員と同等の扱いを受けるのではなく、専門家としてより高い待遇が与えられます。

しかし、その基本には一般社員の給与が用いられているため、基本給が高いと期待できる大企業で働くのが良い方法です。長く勤めるほど昇給も期待できるため、大企業に速やかに就職して働き続ける決意をするのが高い給料で働けるようにするために大切な考え方となるでしょう。福利厚生についても他の社員と同等のものが受けられるため、労働環境として優れている勤務先となるはずです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事