HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 介護施設の看護師の月給はどれぐらい?失敗したと思わないために調べておくべきこと

介護施設の看護師の月給はどれぐらい?失敗したと思わないために調べておくべきこと

介護施設で働こうと考えたら看護師は就職先をよく吟味することが大切です。
月給はどのくらいなのかということもよく理解して業界入りする必要があるでしょう。

それに加えて大切なのが十分な下調べを行うことであり、職場に来てみてから失敗したと思わないために情報収集をよく行ってから職場を選びましょう。

介護施設によって大差がある月給

看護師が働ける介護施設には大別すると特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームがありますが、さらに枠組みを広げていくと訪問看護ステーション、デイケアセンターなど様々なものがあります。

月給がどのくらいかというと種類によって異なるだけでなく、地域や施設の規模によっても大差があるため、就職先によって違うという理解が必要です。
低いと月収は15万円程度しかない場合もありますが、待遇の良い施設の場合には30万円程度にもなっています。業務が大変さに違いがある場合も珍しいことではありません。

しかし、就職してどのくらい稼ぎたいのかに応じて予め選んでおかないと、あまり昇給の幅は大きくないので想定外に収入が少なくなってしまいがちです。

業務範囲の大きな違い

10--11

広く介護施設と言っても、施設の種類によって業務範囲に大きな違いがあります
どのような仕事を担っていきたいかをよく考えて施設の種類を選ぶことはまず大切です。それに加えて失敗しないためによく調べておかなければならないのが、個々の施設での業務範囲の違いであり、看護師としての業務がどこまでになるかを確認しておきましょう。

施設によっては医療行為に限定されて任される分業が進んだ現場がある場合もあります
一方、資格の有無にこだわらずに、全員でできる業務をうまく担い合って運営していく方針をとっている現場もあるのが実情です。どこまで自分の業務として行いたいかを考えて選ぶと失敗がありません。

イメージと異なる点への注意

介護施設に就職して働きたいと考える人の多くは、医療施設で働くのに比べてメリットがあるからと判断している人もよくいます。残業や夜勤が少ないと言われているものの、それも施設によって状況が異なります
イメージとして持っていたものが現実と合致しない場合はよくあるため、根拠がしっかりとしていない内容については逐一確認しておきましょう。

個人に対する個別の対応が重要視されていてマニュアルがないのが一般的でしたが、マニュアル化が進んでいる介護施設も多くなり、就職してから働きやすいと感じる人もいます。
状況も刻々と変わっているのでイメージにとらわれ過ぎないことが大切です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事