HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 入院の緩和ケアで働く看護師の業務内容・体験談【患者さんの個性に合わせてサポート】

入院の緩和ケアで働く看護師の業務内容・体験談【患者さんの個性に合わせてサポート】

看護師の仕事はクリニック、総合病院、療養型病院、老人施設、緩和ケア施設によって看護師としての役割や業務内容が違います。

まだ治療法がある患者さんは総合病院に入院して、よくなるために手術を受けます。

しかし緩和ケアを中心に入院してくる患者さんは、大概もう手術をできるほど状態がよくなく、残された日を自分らしく暮らせるようにサポートするのが中心になってきます。

そのためにいろいろいろな痛みや、メンタルの不安が襲ってきたときに、入院の緩和ケアをするのが主な業務内容になってきます。

緩和ケアの病院へ入院してくる患者さん

緩和ケアの病院へ入院してくる患者さんは、主に末期がんの人です。

がんは進行してきて末期になると、全身に転移し手術をすることができない状態になります。

がんが進行してくると大変体に痛みともまったり、せん妄のような症状に苦しむ患者さんもいます。
そんなとい入院の緩和ケアとしてまずは、メンタルのサポートが大切な業務内容になってきます。

看護師が患者さんに寄り添い、患者さん残された能力を、少しでも発揮できるように看護師が引き出すのが業務内容になってきます。

病院によっては音楽会、アロママッサージなどのレクレーションを取り入れ、単調な毎日に喜びや楽しみをもたらすようなプランを立てるところもあります。

アニマルセラピーといって人に対しておとなしく訓練された犬と、患者さんが触れ合うことによって生きていく喜ぶを感じたり、無邪気なかわいさからほほえんでしまったり、メンタルにはプラスに働くことが大変あります。

患者さんのためになるプランを考える

kanwa2

入院の緩和ケアとして看護師がこのような患者さんのためになるプランを考えたり、看護師の行動が何かしらの影響を与えるため常に患者さんの立場にとって日々の業務を遂行する必要があります。

さらに末期がんの患者さんになると、かなり体に痛みを感じたり、物が食べられなくなって痩せてしまうことがあります。

自分の足で立てなくなったり、話すのも体力や気力がなくなってしまう患者さんもいます。

患者さんの個性に合わせたサポートが必要

入院の緩和ケアとして大切なことは、そのような患者さんの立場になって何ができるのか、患者さんの個性に合わせたサポートが必要になってきます。

食事などは楽しみの1つになってくるのですが、食べたい物を聞いて一緒に食べる喜びを味わったり、患者さんが行きたいところがあれば可能な限り実現できるように家族に相談したりします。

最後まで患者さんが患者さんらしく穏やかに過ごせるようにサポートするのが、大切な業務内容となります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事