HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 看護師の勤務先、どうやって選ぶ?やりがいや働きやすさなどでどんな違いがあるか

看護師の勤務先、どうやって選ぶ?やりがいや働きやすさなどでどんな違いがあるか

看護師として選べる勤務先は多岐にわたります。医療業界だけでも病院とクリニックがあり、その規模に応じて現場は大きく異なるのが事実です。仕事のやりがいや働きやすさについてどのような違いがあるかを比較して理解しておくと就職先を選びやすくなるでしょう。

やりがいから選ぶ就職先

看護師の勤務先として典型的な病院、クリニック、介護施設といった中からやりがいはどう違うかと考えると、優劣をつけるのは困難です。
自分が何をして仕事としていきたいかを考えて順位付けをするのが重要な視点となります。

病院とクリニックはどちらも医療に関われる職場ですが、仕事内容には大きな違いがあるのが事実です。
クリニックではその地域に住んでいる比較的軽度の初診や通院の外来患者を相手にして基本的な検査を行ったり、コミュニケーションをしたりするのが重要な仕事になります。

一方で、病院ではより広い範囲から患者が集まり、業務の半分以上は入院患者の治療が基本になるでしょう。その違いを考えてどちらが自分のやりたいことかを考える必要があります。

同様のことが言えるのが病院の種類による違いであり、より高度な医療で治療が難しい患者と付き合っていきたいかどうかで規模を選ぶとやりがいにも大きな差異が生まれるでしょう。

働きやすさから選ぶ就職先

11-12

働きやすさから考えると、看護師にとって大きな問題になりやすい夜勤がないクリニックやデイケアセンターなどは働きやすいでしょう。
病院や老人ホームのように施設に収容している人がいると必要になるのが24時間体制の確立であり、夜勤をする人材が欠かせません。

最近では病院などでも日勤のみの勤務ができるようになっている場合があるため、それを基準にして選ぶと働きやすくなるでしょう。
また、急性期病棟は療養型病棟に比べると予定外のことが起こりやすいため残業が多くなりがちであり、残業が気になる人にとっては働きづらくなる可能性があるという認識が大切です。

待遇から考える就職先

就職先を選ぶ上では待遇の考慮も大切です。平均給料から考えると病院が優れていて、それにクリニック、介護施設と続いていきます。個々に給与が異なる点にも注意して選ぶと良いでしょう。

また、女性看護師にとっては育児支援の充実も重要な視点であり、一般的には規模の大きな病院ほど託児施設が整っていて育児をしながら働きやすい環境が整っています。
待遇面の向上はどの職場でも進んできているのでよく比較することが大切です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事