HOME > コラム > 看護師の実態 > 白衣を通販で買うときに気をつけたいこと【試着ができないことをお忘れなく】

白衣を通販で買うときに気をつけたいこと【試着ができないことをお忘れなく】

ネット通販で白衣を購入できるようになってきましたが、通販で衣服類を購入するときには「試着ができない」「実物を確かめられない」という点に注意する必要があります。
医療現場では清潔感が第一ですから、裾が余るようなことにならないように、寸法は事前に確認しておきましょう。

白衣の種類と値段

白衣を通販する白衣は、医師が着ているような診察衣だけではなく、看護師が着るジャケット、ケーシー、ワンピース、パンツ、なども指します。
医療従事者の仕事着になるわけですから、身なりを整える意味でも慎重に選ぶ必要があります

値段は様々ですが、看護師のジャケットやパンツであれば3,000~6,000円前後が相場です。
それほど高いわけではありませんが、看護の現場は汚れることが多いので、何枚か余分に用意しておいたほうが良いでしょう。
試着できない難しさ看護師の白衣は通常の衣服よりもぴったりしていますから、しっかりと寸法を合わせる必要があります

白衣は清潔感が第一

67cc3bb01006479c584a16b5eec19b28_s
きつすぎると動くときに邪魔になり、作業効率を落としてしまう可能性があります。
職場で支給されたり、製品が決まっているのならばそれに従えば良いですが、自分で通販するときにはあまり個性的すぎないように気をつける必要があります。

ドラマなどでは個性的な白衣の医師や看護師が登場することもありますが、現実の医療従事者は清潔感が第一です。
裾を引きずったり、袖が長すぎたり、といった見た目はマイナスになります。
見た目がだらしないと患者さんに不信感を抱かせてしまうことになりかねないので、気をつけましょう。

ネット通販での白衣のセレクトポイント

とは言え、ネット通販は試着できないという難しさがあります。
試着してサイズが合わないというのであればそこで取り替えることができますが、ネットで買ってしまうと返品に応じてもらえない可能性もあります。
寸法はきっちり計って、選ぶ必要があります。

清潔感を第一に白衣通販で最も大切なのは、清潔感を忘れないことです。
寸法が合っていない白衣は、裾を引きずったり、袖がダブついたりして、汚れやすくなります。

汚れが付いている服で看護してもらって嬉しい患者さんはいません。
汚れが原因で病院内感染など医療事故につながってしまう危険性もあるので、清潔さには十分注意する必要があります。

白衣には大きめサイズも販売されていますから、自分のサイズに合ったものを注文するようにしましょう。
また、予算の許す限り動きやすいものを選ぶようにすると良いです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事