HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師の海外留学の道。海外だからこそ学べることとは

看護師の海外留学の道。海外だからこそ学べることとは

看護師は経験を生かして海外留学によるスキルアップを図ることができます。
日本国内でもスキルアップの道には様々なものがありますが、あえて海外に目を向けると何が得られるのでしょうか。
将来的なキャリアのあり方も考えてみると国内ではできない経験の大切さがわかります。

国内と海外での立場の違い

看護師がスキルアップの方法として海外留学を選ぶと、医療現場での立場の違いに驚かされることがよくあります。日本では医療行為に関しては医師の指示に従わなければなりません。
しかし、海外では看護師にその権限をある範囲内で与えていて、現場で医療行為を自分の判断で行えるようになっている場合がよくあります。

国によっても、資格によっても状況こそ異なりますが、海外留学だからこそ学べる点として留意しておきましょう。自分で現場に立って患者の容態を確認し、必要とあれば自分で判断して適切な医療行為を行わなければならない責任があります。

医師がいない状況で何が必要で何を行えば良いかを決められる判断力と決断力を育むのにうってつけの学び方なのです。

承認されている医療の違い

11-1

国内と海外では承認されている医療技術にも違いがあり、現場で行われている治療方法の優先順位も異なります。海外では新しい医療技術の承認が国内よりも早い場合が多いため、国内で働いているよりも先に最新の医療技術について学べるでしょう。

患者とのコミュニケーションの機会が多い看護師にとって、新しい医療技術による治療の可能性についての相談を受けるのは珍しいことではありません。
その際に実体験を兼ねた知識として役立っていくでしょう。

実際に有用性が高いと感じた医療技術については国内に戻ってから認知度を高める活動に協力していくこともでき、医療レベルを上げるのに寄与していけるのも魅力となります。

海外で働くキャリア

将来のキャリアとして海外で働きたいと考える看護師もいます
実際に留学を通して働いてみると給料や待遇などについて日本との違いを実際に学ぶことができるでしょう。
その経験を通して将来のキャリアとして海外で働く道が自分にとって良いものかどうかを判断できるようになります。

働きたいと考えたら、既に留学をした時点で資格を取得しているため、ビザの取得などを行って働き始めるのもそれほど大変なことではありません。
海外でも看護師は不足している地域が多いからです。
留学をきっかけにして海外で働く看護師としての道も切り開けるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事