HOME > コラム > 看護師の実態 > 未経験からのパート看護師によくある悩み

未経験からのパート看護師によくある悩み

看護師がパートで働こうと考えて現場に出てきてみたものの、未経験から始めると抱えてしまいやすい悩みがあります。一度離職して経験のない職場で働いてみると苦労しがちな点についてよく理解して、覚悟を決めて働き始めるようにすることが大切です。

最も多い習得の悩み

看護師資格を持っていると医療や介護を代表とした幅広い職場でパートで働くことができます。離職して子育てをしながら働き始める人が多いのが特徴です。もともと病院で働いていた看護師も、職場の多さや勤務条件の良さから介護を選ぶといったパターンや、クリニックで夜勤や残業の少ない仕事をしようと考えるパターンはよくあります。

しかし、実際に働き出してみると未経験から始めたことで大きな苦労をしてしまう場合が多いのが実情です。それまで経験したことがない職場では、新しいスキルの獲得が必要になる場合がほとんどでしょう。

年齢を重ねてきてしまっている影響もあって、スキルの習得に時間がかかってしまいがちなのです。また、知識面でもカバーしきれない部分が多くて新たに学ばなければならないのが大きな悩みになってしまうのはよくあります。

現場からの要請への対応の悩み

8--27

未経験でパートを始めた看護師が持ちやすい悩みとしてもう一つは現場からの要請に応えられないもどかしさがあります。

現役で若い頃に働いていたときには敏腕な看護師として働いていたももの、未経験で職場に出てみるとほとんど新人と違いがありません
現場で必要とされていることを速やかにこなせていた若い頃の自分と対照してしまい、ほとんど新人扱いで現場からの要請に対応しきれない自分が悔しくなってしまう人も多いのが実情です。

慣れない職場だからと諦めるわけにもいかず、かといって速やかにベテランとして働くこともできないのに悩みを抱えてしまいがちになっています。

仕事への責任感への悩み

パートで働いていると常勤に比べると責任の軽い仕事を任されるようになる場合が多いのが一般的です。しかし、看護師として返り咲きしたいと考えてパートの仕事を始めた人にとって、その状況が悩みになることもよくあります。
他の看護師のサポートをする仕事ばかりになっていて活躍の場がないのを嘆いてしまう場合も少なくありません。

パートとして働く際にはそのような立場になるケースが多いという理解をして覚悟の上で臨む必要があります。事情をよく理解した上で仕事を見つけるのはこういった悩みを持たないために大切な視点です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事