HOME > コラム > 看護師の実態 > 新人看護師が陥りやすい悩みとは【勤務3カ月目で悩む人が多い?】

新人看護師が陥りやすい悩みとは【勤務3カ月目で悩む人が多い?】

看護師になってこれから張り切って仕事をしていこうと考えている新人の看護師ですがこの時期によく陥ってしまう悩みというものがあります。それは、大体3ヶ月目あたりの頃なのですが病院によっては夜勤の練習をするところがあるのです。

夜勤の悩みとは

夜勤の練習があると、この時期に夜勤を経験できる人とできない人がどうしても出てきてしまいます。夜勤を経験していない人はまだ自分が夜勤を経験させてもらえないことについて同期と比較をしてしまい悩んでしまいます。

しかも悩むだけならまだ影響は少ないのですが、悩むことによって仕事上もミスを繰り返してしまうようになります。このため、夜勤も経験できない、仕事もまともにできないという現実を見て「自分は看護師に向いていないのかも」と落ち込んでしまうことがよくあるのです。

夜勤になれると考える事

5---30

夜勤については大体3ヶ月目でこのような悩みが多くなるのですが、3ヶ月目は夜勤以外にも色々と考え込んでしまう時期とも言えます。
というのも、仕事に慣れてきて現実が見えてきているからです。

例えば、仕事自体ハードなので体がなかなか慣れないばかりか、ついていくのが精いっぱいであったり、患者さんが亡くなったということを経験して精神的につらいということもあります。

それ以外にも看護師同士の人間関係がギスギスしていたり、先輩からイジメを受けたりする場合もあるようです。そんな中で毎日21時まで続く残業で段々と心が折れていくようです。休日においても出勤することが多く心が休まることなくまた次の週を迎えるというサイクルがますます精神的に蝕んでいく要因になっているようです。

多くの人が経験する事

このように新人看護師は大体3ヶ月目あたりで様々な経験から仕事がつらいという悩みを感じてしまうことが多いようなのです。もちろん患者さんが亡くなるのは誰もが通過しなければいけないことなので乗り越えなければいけない壁であるのは確かなのですが、悩まなくても良いこともあります。

特に人間関係においては実際に新人が送りこまれる病院の中にもブラック病院と呼ばれる過酷な労働を要求するところが存在します。
看護師の人手不足により、残業時間が異常に長かったり、休日も出勤が多い場合が少なくないのです。

そのような場合は、もはや根性という問題ではなくて実際に体調を崩してしまう場合が多いようです。どの病院でも必ず通過すべき試練はともかく、常軌を逸した労働環境についてはよく考えて場合によっては転職を考えていく必要があるのです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事