HOME > コラム > 看護師の実態 > 鬱病になる人もいるって本当?ナースだけが知っている裏話

鬱病になる人もいるって本当?ナースだけが知っている裏話

看護師は決して楽な仕事ではありません。
仕事だけでなく、人間関係も厳しいことがあります。

そのせいかナースは鬱病になる人も少なくないのです。
実際病院で働くナースの中にはここだけの裏話ですが、うつ病の薬を飲みながら働いている人も多いんですよ。

仕事がきつくて鬱病になる

ナースの仕事は日勤もありますが、夜勤もあります。
人間は本来昼間起きて夜寝ているという生活をすることによって、体内時計を整え、健康的な生活を行うことができます。

しかし、病院の裏話では、看護師はそれだけでなく、お金の出ない残業も多いし、実際は病棟の会議や委員会などで休みの日でも病院に行く日が多いのです。

夜勤をしているだけでもきついという人もいますし、休みの日に病棟に行ったりするとプライベートな時間と仕事の時間が区別がなくなり、ずっとナースの仕事をしているような気がして休息が全く取れないという人もいるのです。
それがだんだん積もると鬱病を起こすこともあるのですね。

実際夜勤を減らすだけでも精神的な負担が軽くなり、精神状態が安定したという人は多いのですよ。

人間関係の複雑さは鬱病の原因に

utsu1

病棟でかかわる人は一緒に働くナースだけではありません。

医師もいますし医療事務もいます。
そして他のコメディカルスタッフもいます。

そのような数多くのスタッフとコミュニケーションをとることがチーム医療にとって大切なことですが、ナースの中には、多くの人とかかわることが苦手という人もいます。

またナースの中でも師長や主任とのかかわりが苦手という人もいます。
人間ですからあう人もいますし合わない人もいます。

しかし直属の上司と意見が合わない、考え方があわないという職場環境は過酷です。
実際に人間関係のもつれから鬱病になる人も多いです。
そして病院の裏話では多くのナースは師長と意見があわず大半のナースは我慢しているということですよ。

鬱病までいかなくても眠剤は飲んでいる

ナースの中には精神的な不調、身体的な不調を訴えて鬱病まではいかなくても、眠剤などを内服して睡眠がとれるように、またゆっくり休息できるように眠剤は飲んでいる人がたくさんいます。

お互いに看護師の間で自分は飲んでいるということをいう人はあまりいないかもしれません。
しかし、実際は人知れず眠剤を飲んで調整している人もいるのです。
そしてこれは裏話ですが、自分の主治医に眠剤の処方をこっそりしてもらっている人も多いのですよ。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事