HOME > コラム > 看護師の実態 > 新人看護師を辞めさせないために【離職率・退職理由など】離職阻止対策

新人看護師を辞めさせないために【離職率・退職理由など】離職阻止対策

新人看護師と言えば、やる気がみなぎりエネルギッシュなイメージがあります。
看護師として患者さんに同じ対応をしても、新人看護師であれば許されても、先輩であれば許して貰えない等、患者さんからの扱いも違います。

多めに見てもらえていると言うことかもしれませんが、時に先輩看護師はやきもちを焼いてしまいます。

そんな、フレッシュな新人看護師にも悩みがあります。

人間関係、現実とのギャップ、プレッシャー、想像と違う世界、過酷勤務や不規則勤務、自分には勤まるかと言う不安等があります。
この悩みが発端で、新人看護師は退職を決意します。

離職率

新人看護師が入職1年以内に退職する割合は、10人に一人と言われています。
全国9000の医療機関のアンケート調査で発覚しました。

看護体制の違いにより、やはり手厚い看護を行う7:1の看護配置をとる医療機関は、業務量の分散や一人一人のf痰が軽減され、退職率がやや低下する傾向にあるそうです。

また、新人看護師を受け入れる病院の中で、研修制度の充実させた病院や医療事故対策の進んだ病院は退職率が低いようです。

退職理由

  • 職場に溶け込めない
  • コミュ二ケーション不足
  • 先輩看護師や上司に気を遣いすぎる
  • 失敗続きで自信が無くなった
  • インシデントを起こした
  • 先輩や教育担当者が恐怖に感じる
  • 休暇や休息が無い
  • 不規則勤務や疲労の蓄積
  • 精神的に参っている

新人看護師離職阻止対策

看護師
新人看護師は、多くの不安を抱えながら日々、疲れた体に鞭を打って出勤しています。前日に教わってことを復習し、今日は何が起こるのかと不安を抱えています。
そんな新人看護師に対して周囲は、温かい眼差しで接する事が大切です。

先輩や教育担当看護師が率先して話しかけてあげてください。
「心配なことは無い?」「不安に感じたことは無い?」「分からないことは無い?」と優しく声をかけてあげてください。

そして、絶対に「あの子出来ない」「使えない」「いつまで経っても覚えない」などと陰口や悪口は言わないでください。
覚えるペースは、人それぞれ、今の頑張りを評価してあげてください。

しかし、注意することや、言わなければ危険の及ぶことは躊躇なく伝えてください。でなければ、事故が起こります。

厳しく叱ると言う方法は、現代の若者には不向きな教育方法です。
褒めて良いところを伸ばし、いけないことは理由を付けて教えてあげてください。

まとめ

新人看護師の退職率を低下させるには、現場の教育や職員の対応がキーポイントとなります。頭ごなしに叱る、叱責する、とりあえずやらせるなどと言った教育方法は、一昔前の教育方法です。現在の若者には受け入れが合い方法です。

自分たちが教えられた王法での教育では、耐えられない若者が増えているという現状を踏まえた教育や関わりが必要です。

新人看護師に辞められたら、また、人員的に厳しい労働環境となります。
自分たちの労働環境変え全の為にも新人看護師を辞めさせない教育方法を習得する必要があります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事