HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > クリニック就職希望の看護師が知っておきたいこと

クリニック就職希望の看護師が知っておきたいこと

看護師の働き方として、病院や企業などもありますが、クリニックで働いている人も少なくありません。特に最近の傾向としては、新卒でクリニックに就職をしたり、病棟で1,2年働いた後、クリニックに転職している人が多いです。今回は、そんなクリニックの特徴を紹介します。

 

クリニックと病院の違いとは

看護学校や大学で習いますが、クリニックと病院の違いは入院施設の数です。医療法により、20人以上を入院することができる施設を病院といい、その他をクリニックや診療所とよんでいます。

今日の医療では、まずクリニックで診察し、その結果専門の治療が必要と判断された場合、大きな病院を紹介するというシステムをとっています。そのため、クリニックは地域に根ざした医療を提供するという特徴があるといえます。
 

クリニックでの業務内容

081503 (3)
入院施設がほとんどないクリニックでは、ほとんどが外来業務です。業務内容については、診療科目によっても異なりますが、一般的に看護師は、来院した患者さんの診察介助や検査、点滴などの処置を行います。

診察介助では、必要に応じて患者さんの衣服や体勢を整えるためのお手伝いをします。また、検査で多いのは採血ですが、診療科目によっては医師が行う検査の介助を行う場合もあります。例えば、婦人科では子宮がん検診の介助を行い、皮膚科では皮膚生検の物品準備や介助を行うこともあります。
 

クリニックに向いている人とは

クリニックは、夜勤が苦手、介護が苦手という人に人気があります。一方、最近のクリニックでは土日もやっているところも多く、休日勤務ができるという条件で採用しているところも少なくありません。

このような特徴を持つクリニックの看護師に向いている人は、地域に根ざした看護を提供でき、スピーディーな対応力とまた患者さんが来院してくれるような関わり方ができる人です。大きな病院と違い、患者さんはクリニックをいくらでも変えることができますから、いくら近くにきれいなクリニックがあったとしても、対応が悪いと来てくれなくなってしまいます。クリニックで働く場合においても、素敵な笑顔でたくさんの患者さんをお迎えできる看護師になりたいですね。


大きな病院よりも好条件なことも多いクリニックですが、給与や条件に大きなばらつきがあるともいえますから、就職する際はしっかりと下調べが必要です。自分の興味のある分野なのか、ライフスタイルに合った勤務形態のクリニックであるかがポイントとなります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事