HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 看護師の配属先【手術室での勤務は人気が無い?その理由とは?】

看護師の配属先【手術室での勤務は人気が無い?その理由とは?】

看護師の配属先は、就職する病院によっては様々あります。そして、場合によっては、自ら配属先を希望することもできます。

この配属先によって勤務の状態も変わってきます。
例えば、勤務が3交代から2交代になる場合や夜勤がなくなる場合、日勤のみになり勤務が楽になる場合などがあります。このような中で手術を行っている病院では、手術室も配属先になる場合があります。

しかし、手術室が配属先になることについて、基本的に嫌がる看護師の方が多いです。
そこで、なぜ手術室の配属が人気がないのかを記載していきます。

手術室は人とのかかわり合いが少ない。

手術室勤務になると、あまり患者さんに関わることがなくなります
看護師の仕事の魅力のひとつは、患者さんとのかかわり合いの中で、素晴らしい人間関係を築いていくところにあります。

具体的には、病気という患者さんの苦しい状況を看護の視点を通して、そばで支え、回復するまで付き添うことで、人間関係の素晴らしさを体感することです。

しかし、手術室勤務になると、目的は、手術の成功になりますので、手術が終わればあまり関わることがなくなります。このため、手術室勤務に慣れてくると、淡々と仕事をこなすだけになりやすく、手術室の仕事に魅力を感じなくなってきます
ですから、このような勤務が人気のない理由の一つになります。

勤務がきつい

6--29

この配属先となると、基本的に長時間の立ち仕事になります。
特に、長時間の手術になると、これに対応するためにさらに、立ち時間が長くなりますので、他の病棟よりきつくなります。

さらに、この配属になると、休日等の家にいる場合にでも緊急手術が発生すると、これに対応しなければならないことがあります。
このようなオンコール対応が必須となってくると、実質的に、休みがなくなることがありますし、休日でも安心して休むことができなくなります。

他の配属になれば、基本的にオンコール対応はないことから、敬遠される理由の一つになります。

給料が安くなる

看護師の仕事の給料が良いのは、夜勤を行い、夜勤手当が出るところにあります。
しかし、この配属先となると、基本的に、夜勤がなくなります。

これは、手術は、緊急の手術以外は、日中に行われるところにあります。
とすると、この配属先になった看護師は、夜勤手当がなくなりますので、他の配属先と比べて給料が安くなります。前述のように、勤務がきつくなるにも関わらず、給料が安くなるので、敬遠されることになります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事