HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 老人ホームで働く前に知っておきたいこと

老人ホームで働く前に知っておきたいこと

少子高齢化の時代、老人ホームの需要も高まり様々な老人ホームが設立しています。その様式や形態は様々で、色々なニーズに合わせたものもできています。今回は老人ホームで働く前に知っておきたい情報をまとめました。

 

老人ホームってどんなところ

老人ホームという言葉は誰もが知っていますが、どのようなイメージを持っているでしょうか?「お年寄りたちが共同で暮らしている家」ですが、最近では高級で様々な設備を併設している老人ホームや医療も受けられる老人ホームなどもあります。また、認知症の方でも入れる施設、介護がついている施設、夫婦で入れる施設など、その施設によって特徴が異なってきますから、老人ホームに就職する場合には施設の特徴をよく知っておきましょう。
 

老人ホームで看護師が求められること

081502 (10)
介護付きの老人ホームの多くは、介護士が介護を行っています。看護師も介護を行う場面はありますが、疾患によって専門的技術が必要な場合がほとんどです。お年寄りが多い一般の病院よりも、介護をする機会は少ないということも。

一方、病院と大きく違うのは、治療が中心なのではなく、生活の支援をしていくということです。病院では医師の指示をもらいながら、何かあれば医師に報告をするというスタイルをとることが多いのですが、老人ホームではそうはいきません。医師は常駐しているところは少ないので、看護師の判断にかかってきます。また、常駐している看護師が少ない老人ホームが多いので、責任は重大です。
 

老人ホームはこんな人に向いている!?

このような特徴を持った老人ホームの看護師には、お年寄りの方とのコミュニケーションを大切にしながら、看護師としての知識、技術、判断力を持ち合わせている人が適しているといえるでしょう。新卒や経験不足での就職では、難しい場合もあるので注意が必要です。


様々な老人ホームが設立される今日ですが、そこで働く看護師は入居者さんの健康を守るために専門的な知識と技術、判断力が必要です。色々な老人ホームがあるからこそ、働き方も選べますが、看護師の数が少ないからこそ責任が重くなる場合もあります。ニーズが高く、働き甲斐もある分野ですが、これらのことを踏まえて検討しましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事