HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > リハビリテーション科で働く看護師の業務内容・体験談【適切な対処が重要】

リハビリテーション科で働く看護師の業務内容・体験談【適切な対処が重要】

最近の医療ではリハビリテーションの重要性が認識されるようになり、病気の回復期に集中的なリハビリテーションを行なう回復期リハビリテーション病棟を有する病院が多く見られるようになりました。

リハビリテーションに力を入れることによって患者の早期離床が可能になり、医療費の削減にもつながります。
看護師がリハビリテーション科で働く機会も増えているということがいえます。

リハビリテーション科の特徴と看護師の業務内容

現在のリハビリテーションは希望すればいつまでも行なえるものではなく、医療法によって実施できる期間が決まっています。
そのため、利用する人のほとんどは病気の発症や手術から数ヶ月以内の回復期にある患者です。

この期間に質のいいリハビリテーションを行なうことができれば、病気の回復を早めたり、後遺症の影響を小さくすることが出来ます。
しかし、病気の発症や手術から長い期間がたっているわけではないため、全身状態が悪化するリスクもあります。
それを日常的な健康管理で防ぐのが看護師の業務内容になります。

またリハビリテーション科を利用する患者の多くは整形外科や脳神経外科の患者です。
それぞれの病気の特徴を知っておき、適切な対処が出来るようにしておくことも重要な業務内容です。

他職種との連携が重要

rihabiri2

リハビリテーション科では業務内容が明確に分かれているものではなく、多くの職種がチームになって治療に当たることがほとんどです。
具体的には医師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などです。

看護師は患者の健康状態を把握し、それを理学療法士や作業療法士に情報として伝えます。
そのことで病気のリスク管理をおこないながら積極的なリハビリテーションを行なうことが可能になります。

また、理学療法士や作業療法士は患者の運動機能を見るプロフェッショナルです。
そのため、患者にとって一番いい介護方法をわかっています。
看護師はその情報を入手し、病棟で行なうことで自身の介護負担を少なくするとともに、患者の身体機能を病棟生活の中でも高めることが出来るようになります。

元気になる患者から力をもらえる職場

リハビリテーション科を利用している患者の多くは元気になっていく人がほとんどです。
場合によっては寝たきりに近かった患者が自立した生活を送れるようになるケースもあります。

そのため、看護師は元気になる患者から大きな力をもらうことができ、日々の仕事の活力にすることが出来ます。
また、患者から感謝されることが多い職業のため、やりがいを感じやすい職場ということが出来ます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事