HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 国家試験に合格した看護師さんへ!【事前に知っておいてほしいこと】

国家試験に合格した看護師さんへ!【事前に知っておいてほしいこと】

まずは、国家試験合格おめでとうございます。
ここでは、今までとの違い、看護の仕事、先輩からの厳しさについて、など事前に知っておいて欲しいことについて触れていきます。

国家試験合格後からが大変

国家試験に合格して、晴れ晴れした気分になったのもつかの間、これからが本当に大変な時期です。気持ちを切り替えて、看護師として現場で働くことを真面目に考えていく必要があります。

国家試験以前であれば、看護用語を覚えて、技術を頭に叩き込んで、それを紙に書けば終わりでした。しかし、本当の看護の現場では答案用紙はありません。
答案用紙の代わりに、患者さんがいます。

看護師の仕事は当然ながら、患者さんに接してお世話をすることです。
今までのように教科書的な答えがあっていれば正解ということではない、ということを心得ておく必要があります。

看護をするということ

5--25

看護の仕事は、生身の人間つまりは患者さんに接することです。
患者さんは病気や怪我など、通常よりも弱っている状態です。身体的にも、精神的にも弱っています。
看護師はそれを理解して、患者さんに接する必要があります。

もし理不尽なことを言われても、それは病気が言わせていることかもしれません。
傷つくことを言われても、すぐにカッとなってしまうのもNGです。

このように言うと「なんでも我慢しなければならないのか?」という感じに聞こえるかもしれませんが、患者さんにとって不利益になるような間違いは正すようにします。

例えば「点滴なんてしたくない」という患者さんに対しては、なぜ点滴をする必要があるのか、ということをきちんと説明して理解してもらうことが必要です。
なんでもかんでも言うことを聞くということではなく、患者さんの身を守ることを第一に考えることが大切ということです。

教えてもらうだけから卒業する

看護学生だった人でも、これからは看護師として現場で働きます。
最初のうちは先輩ナースがついて指導してくれますが、それも手取り足取り教えてくれるわけではありません。

ミスすれば怒られますし、きついことを言われて泣くこともしばしばでしょう。
それだけ厳しく接するのは、戦力として活躍できるように育てるためです。看護の現場は慢性的な人手不足ですし、何かあれば医療事故に発展しかねません

優しく言い聞かせられて、ほのぼのとした空気で覚えれば良いという学生気分からは卒業する必要があります。いつまでも教えてもらうという気分でいるのではなく、自分から貪欲に看護技術を学ぶようにしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事