HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 看護師になるにはどうしたらいい?どのくらいかかる?どのような学校に通うべきか

看護師になるにはどうしたらいい?どのくらいかかる?どのような学校に通うべきか

現在、看護業界は、慢性的な人手不足に陥っています。
そして、これを解消するために、多くの看護系の大学や短大、専門学校は新設または増設されている状況です。
このような中で、看護師になるためには、国家試験に合格する必要があるのですが、この国家試験を受けるためには対象の学校進学して、卒業した上で試験を受験することになります。

そこで、看護師になるには、どのような学校に通うことが望ましいのか
そして、これにかかる費用はどれだけなのかを記載していきます。

大学へ進学する場合

看護師になるためのルートの一つとして、看護学科を有する大学に進学するという道があります。
これは、大学に進学することと同様ですから、卒業するまでに4年間かかります。
そのため、卒業するための金額も、他の3年制の学校と比べて多くかかります。

具体的には、国公立の大学の場合は、入学金で約28万円ほどになり、授業料などは年間約53万円になります。
これに対して、私立の大学の場合は、入学金の平均で約35万円ほどになり、授業料などの平均は、年間約160万円がかかります。
これに加えて、制服や教科書などの費用がかかります。
さらに、学生で下宿する場合は、生活費等がかかります。

このため、私立の看護大学で看護師になるには、国公立と比べてかなりの費用を要することになります。
もっとも、大学では、保健師や助産師のカリキュラムも学ぶことができますし、病院で婦長などに出世するには、大卒であることが必要になるので、大学から看護師になるメリットは十分あります。

短大卒の場合


230127
看護師になるためのルートの二つ目として、看護短大に進学するという道があります。
これは、大学の場合と異なり、基本的に、卒業までは3年で修了します。
そして、費用としては、前述の大学と同じほどかかります。
そのため、3年間で済むことから、卒業までにかかる費用は大学を卒業するよりは安くなります。

ただ、看護師として就職する病院によっては、専門学校卒業程度としか見られないというデメリットが生じることがあります。

専門学校卒業の場合

看護師になるためのルートの3つ目として、看護系の専門学校を卒業するという道があります。
この場合には、卒業までにかかる期間は、基本的に3年となりますが、近年では、助産師や保健師のカリキュラムなどを組み込み四年制にする専門学校も登場してきています。
このため、大学でなくてもしっかりとしたカリキュラムで授業を受けることができます。

そして、費用としては、平均して、年間授業料などで約50万円ほどになります。
そのため、合計で約150万円ほどで済みますから、安く素早く卒業することができます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事