HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 専門看護師の仕事内容と必要な資格【看護ケアのスペシャリスト】

専門看護師の仕事内容と必要な資格【看護ケアのスペシャリスト】

専門看護師は通常の看護業務だけではなく、看護ケアのスペシャリストとして様々な場で活躍することができるやりがいのある資格です。
目指す人が多くいますが、その道のりは険しく困難です。

専門看護師とは

看護の分野の中でも特にケアに関する分野を専門とし、熟練した看護技術と知識を持って高い看護実践を行うことのできる看護師の資格のひとつになります。
教育、相談、調整、倫理調整、実践、研究の役割を担っていて、広い範囲で活躍することができるということで人気の資格のひとつです。

専門看護師になるためには

da1e70a638c9f131a270727d7e1e833f_s
資格を取るためには認定試験に合格する必要がありますが、認定試験の受験資格を得るためには必要な資格などの条件をクリアしなければなりません。

専門看護師になろうとしてまず前提とされるのは、看護師か保健師、助産師のうちのどれか1つ以上の資格を保有しているということです。
看護師の国家試験を合格して免許を保有していれば問題はありませんが、准看護師の人は国家試験を受けていずれかの資格を得なければなりません。
そして、定められた看護系の大学で目指す専門分野のカリキュラムで必要な単位を取り、課程を修了することが必要な条件のひとつです。

もうひとつの条件には、看護師の実務経験が5年以上あることで、そのうち3年は専門分野の経験、更にそのうちの1年以上は大学を修了したあとの実務経験になります。
試験は1年で1度きりのチャンスとなり筆記試験と面接を行った結果、合格して認定証を交付されてやっと資格を得ることができます。
大学では少なくても2年間は勉強に専念することになりますし、そのあと1年以上働いてやっと認定試験の受験資格を得ることができるということで、長い年月と並々ならない努力が必要な資格といえます。

だからこそ専門看護師は看護師のスペシャリストといわれるのでしょう。

専門看護師の仕事とは

専門看護師の専門分野は11種類あります。
その中で自分に適したものや興味のあるものを選んで資格を得たわけですが、当然通常の看護業務以外はその分野が仕事内容となります。
それぞれが専門看護師が主になって行う仕事です。

仕事内容の特徴としては、ケアに関する専門職ということで、患者だけではなく家族や周囲の人を含めた相談や教育などのケアを行って行くということです。
それは人間関係の悩みにまでサポートをしていくことも仕事のひとつとなっています。
また、研究発表の場では中心となって活動を行います。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事