HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 看護師の資格をとるのにかかる費用と期間【道筋は何通りもあります】

看護師の資格をとるのにかかる費用と期間【道筋は何通りもあります】

看護師資格は、最終的に国家試験に合格すると得られます。
この国家試験を受験できるまでの道筋は何通りもありますので、順にみてみましょう。

高校を卒業後、大学の看護学科等へ進学する

看護師資格を得る一番オーソドックスな道は、高校を卒業した後、看護系の学科のある学校へ進学することです。

進学先は、大学の看護系の学科、短大の看護科、看護専門学校などがあります。
大学の場合は4年、短大、専門学校の場合は3年で卒業できます。

これらにかかる学費等は、学校によって異なります。
私立大学ですと数百万円(500万円くらい)、国公立は、0円からありますが、普通は200万円から300万円くらいかかるでしょう。
ただ、看護科には(ひも付きではありますが)高額の奨学金がありますので、実質的には、奨学金とアルバイト等で学費と生活費がまかなえると考えても良いでしょう。

最初に准看護師資格をとる

05359ed2b6ecd0f03d42a7edadd7d51e_s
看護師とは別に准看護師という資格(准看)があります。
これは、県知事の試験に合格すると得られます。

准看になるには、中学を卒業後に高校の衛生看護科(全日なら3年)へ進学する方法がひとつあります。
もうひとつは、中学または高校を卒業した後、医師会などが運営している准看護師学校(2年)へ進学するという方法です。

これにかかる費用は、学校により異なりますが、私立高校は高く、公立高校はそれぞれの県によって定められている通りです。
この場合も奨学金がありますので、アルバイトなどを併用して、経済的に自立して通うことも不可能ではありません。

准看から看護師になる

高校の衛生看護科などを卒業して准看になった後は、看護の短大あるいは専門学校(いずれも全日は2年、専門学校は夜間3年もあります)へ進学して、卒業、国家試験合格で看護師資格が得られます。
これらの短大、専門学校は、学校によってかかる費用も違いますが、概ね高校卒業後に大学、短大、専門学校へ進学するところで記した額か、それより若干少ないくらいです。
ただ、准看になっていますと、普通のアルバイトより割の良い医療機関でのアルバイトができますので、奨学金と合わせますと、かなり収入がありますので自活は可能です。

なお、経済的な理由などで学歴が中卒の場合は、高校を出ていませんので准看であっても上記の学校へは進学できません
その場合には、通信制の高校を卒業するか、あるいは高卒認定試験を受けて高卒資格を取るかしますと働きながらでも大丈夫です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事