HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 【ナースとして働く!】真剣な思いが伝わる採用試験の小論文対策!

【ナースとして働く!】真剣な思いが伝わる採用試験の小論文対策!

高校を卒業して、専門学校へ行き看護師になるために国家資格を取れるように誰しも勉強をします。
なぜ看護師になりたいのか、人それぞれ志望動機は様々です。

身内に不幸があり、苦しんでいる姿を見て自分も将来ナースになって苦しむ患者さんを助けたいとか、自分1人で生きていくために生活に困らないようにナースの資格を取りたい、女性が多く、女性であることが生かせる職場だと思えるのでナースを目指したなど、人それぞれ思いはあります。

働き先は違っても小論文に慣れておくことは大切

国家資格を取りより専門性を求めてクリニックを希望するのか。
はたまたナースとしてオールマイティーに仕事を覚えるために、総合病院へ就職して、いろいろな分野について学んだりするのか、国家資格を取り病院を選ぶときはかなり迷うし、どれを選んだらいいのか分からなくなります。

しかし自分のなりたい将来を思い描き、行きたい病院があったとしたらそこの病院に採用されなければ働くことはできません。

ナースになり病院の採用試験は、筆記や小論文、面接などいろいろありますが、小論文で自分の思いを相手に伝えられなければ採用には到りません。

小論文なら自分の伝えたいことをまじめに素直に表現できるので、小論文に慣れておくことは行きたい病院に採用されるためには大切なことです。

真剣な思いを伝えましょう

saiyou2

ナースの仕事はテレビドラマや映画にでてくるようなきれいで、派手なものではなく実際はハードで大変なものです。

夜勤昼勤のところも総合病院では当たり前のようにあり、若いときはナースの仕事をするのが辛いと思う人もわりといます。

国家資格なので年輩になってからでもナースとしての経験がそんなになくても病院で採用されることもあるので、若いときは全然違う分野で仕事をする人も中にはいます。

しかしこの仕事になりたい人は、患者さんの味方になってあげたいとか、患者さんのために何かできることをしたいと真剣に思うまじめな人が多いのも事実です。

自分のエピソードを交えて書くとよいでしょう

たとえば自分の身内で、母親が乳がんで亡くなってしまった経験がある人などは、そのような経験から自分の母親がいかに病気に苦しめられ、病院でいかにナースに助けられたかを具体的に小論文でつづると説得力があります。

自分のエピソードを交えて書かれた小論文は人の心を打つし、それを読んだ病院側もそんな人に働いて欲しいと常々思っているからです。

ナースの仕事は辛い闘病生活を送る患者さんに明るく笑顔で接し、やさしくて責任のある人のほうが向いているのでそのようなことを小論文に交ぜるといいです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事