HOME > コラム > 看護師の仕事 > 看護師免許が活かせる看護師以外の仕事とは【保育所・老人福祉施設・看護教員など】

看護師免許が活かせる看護師以外の仕事とは【保育所・老人福祉施設・看護教員など】

看護師免許を取得する人の多くは、もちろん将来看護師として働くことを目指していることでしょう。
というよりも、それ以外の使い道となるとも、せいぜい上級資格ともいえる助産師資格の取得に利用する程度しか思いつかないという人も、中にはいるかもしれませんね。

ですが、実は求人広告等をよくよくチェックしてみると、「看護師免許取得者」を採用条件にしている仕事は、直接医療に関わらないように思える業種の中にも多々見受けられるのです。

保育所

まず代表的なところでは、保育所が挙げられます。
現在のところ保育所への看護師の配置は努力義務という扱いですが、自治体によっては条例により、認可保育所には規模に応じて相応数の看護師を配置することを義務付けている場合もあります。

ただし保育所で働く看護師は、保育士の定数を算定する際に「保育士とみなす」計算をすることができます。
逆に言えば、事業所によっては医療面での対応に担うだけでなく、保育士同様に子供の保育に携わる必要がある場合も多いでしょう。

老人福祉施設

5aee7ead927305e34b991a666cd1c85b_s
それから、保育所同様もしくはそれ以上に看護師免許取得者への求人が多いのが、老人福祉施設です。
主な業務は投薬管理や簡単な医療措置等、入居者の方の健康管理ですが、やはりこちらも施設によっては、看護師としての業務だけでなく介護士のサポート的な役割を担う必要がある場合もあるようです。

また、これは保育所勤務の場合と大きく異なるところですが、施設には病院と違ってあくまで症状の安定している方が多いとはいえ、その容体が急変することも多々あるということです。
もちろん看護師という職業柄、いかなる場合でも業務時間内は常に緊張感は必要でしょうが、それにしても保育所に比べると、気の抜けない場面に遭遇する可能性も大きくなるかもしれませんね。

看護教員

さて、ほかに看護師免許が活かせる職種として、変化球かもしれませんが看護学校の先生、つまり「看護教員」というものもあります。
ただしこちらは単に看護師免許を所持しているだけではなく、所定の臨床経験を積むことや、大学或いは専門の講習会で教員養成のための講座を履修することなど、ほかにもいくつかの条件をクリアする必要があります

とは言っても、未来の看護師を志す人材を指導する仕事は、現場の看護師とはまた違ったやりがいを見出せるものではないでしょうか。
最近では社会人でも学びやすい通信制の大学も増えていますから、思い切って新しい道を目指してみるのもいいかもしれませんね。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の仕事」の関連記事