HOME > コラム > 看護師の仕事 > 胃内視鏡検査で看護師に求められることとは~役割と仕事内容について

胃内視鏡検査で看護師に求められることとは~役割と仕事内容について

胃内視鏡検査を行うのは医師です。しかし、胃内視鏡検査の準備や患者さんへの声がけを行うのは看護師が行っているところがほとんどです。

ここでは、胃内視鏡検査における看護師の役割について紹介します。

胃内視鏡検査の準備とは

胃内視鏡検査の準備は、看護師が行っている施設が多いです。
胃内視鏡検査の前処置に使用する薬剤の準備、カメラや送水、サクションなど機械や物品の準備などがあります。

また、カメラに異常はないかの点検をすることもあるので、カメラの使い方を知っておく必要があります。実際に患者さんの体内に入ってから機械のトラブルがあっては、苦痛を与えてしまうと同時に、信頼を失うこととなります。

胃内視鏡検査中の看護

胃内視鏡検査中は、患者さんが不安や苦痛が少なく受けられるように、声かけを行ったり、体勢を整えたりします。

多くの患者さんは、不安でいっぱいです。
大きな機械やサクションの音など雰囲気自体も要因のひとつです。

そのため、看護師としては不安を取り除くような声かけが大切です。
また、しっかりと左側臥位になり、顎をひくことによって苦痛が少なく、術者の動きもスムーズです。

一方、医師の介助が必要な場合もあります。
ガスコン水をシリンジに入れて渡したり、生検を行う場合には鉗子を渡したりします。

片づけも看護師の仕事

看護師
胃内視鏡検査が終わったあと、患者さんに飲水制限を伝えたり、出血や合併症の有無を確認します。また、カメラや物品の洗浄、ベッドの消毒など、翌日も検査が滞りなく行えるようにします。

特にカメラは、専用の洗浄機械がありますが、使い方を間違えるとカメラが壊れてしまいます。
医療器具は高いので、手順は確実に行いましょう。

このように胃内視鏡検査の介助にあたる看護師の役割としては、患者さんの不安や苦痛を最小限にすること、検査が滞りなく行われるように準備、片づけなどを行うこと、医師の介助です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の仕事」の関連記事