ブランクを経てナース再就職を目指す際のポイント

ブランクを経てナース再就職を目指す際のポイント

ナースと言うと医療系の資格保持者として、昔から女性にとって人気の職業です。
ナースの資格さえ持っていれば、全国どこに行っても就職出来ない事はないと言われています。

全国のどの地域にもナースが働く事が出来る場所はあります。
病院、クリニック、最近では老人ホームなどにも必須としてナースが必要となっています。

今後、さらに高齢化社会が進むにつれてその需要はますます高まっていくことは確実です。

ナース再就職の現状

しかし、ナースがいったん勤めている医療期間を退職した場合、その後の再就職の現状はと言うと、なかなか思うように就職出来ないと言う現実があります。

再就職する場合、元に勤めていた医療機関に戻る場合と、新たな医療機関に再就職する場合の2つのパターンがあります。
前者の場合は、一緒に働いていた仲間も多いし、内部の事にも精通しているため、即戦力として活躍することができ、重宝されます。

また、以前勤めていた場所ですので、仕事の対象となる患者にも顔なじみがいたりと、非常に働きやすい環境にあります。
このように、退職してからいったんブランクが一定期間あったとしても、以前勤めていた場所であればスムーズに仕事に戻りやすいのです。

ブランク期間があると大変

再就職2

逆に、後者の新たな医療機関に勤めた場合はどうでしょうか。

これは、一概には言えない部分があります。
ブランクの期間にもよりますが、理由は色々あるとは思いますが、いったん退職しているため、まず体力的に厳しいと言う現実。
そして、精神的な厳しさが非常に出てくると言う事です。

ナースの仕事と言うのは、体力的にも精神的にもやはり大変な仕事です。
毎日、死に直面する仕事です。
一定期間のブランクがあるに加えて、新たな場所での人間関係、患者への対応、医療機関内の勝手を覚える事など、精神的にタフで無ければなかなか継続していく事は困難でしょう。

以前の給与以上の待遇は難しい

また、新たな医療機関に再就職をする場合には、やはり以前勤めていた時の給与以上の待遇を求めてしまいます。
それがネックとなり、なかなか思うような場所が見つからないと言う現状もあります。

ナースと言うのは、1つの医療機関に長年勤めていると言う人は、実はそれ程多くはないようです。
と言う事は、けっこうな数のナースが再就職を経験していると言えます。

今後、ますます進む高齢化社会において、さらにナースの活躍出来る場所は増えていきます。
ブランクのあるナースが希望する再就職先を見つけられる事が、今後の高齢化社会を支える鍵となるのです。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示