HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師から外資系への転職【メリットとデメリット】治験コーディネーター、クリニカルアドバイザーなど

看護師から外資系への転職【メリットとデメリット】治験コーディネーター、クリニカルアドバイザーなど

看護師は、外資系企業で働くという選択肢もあります。
例えば、治験コーディネーター、クリニカルアドバイザー、メディカルコールナースセンター、企業内健康管理業務、といった仕事です。
ここでは、外資系とはそもそも何か、転職するメリットとデメリットは何か、について説明します。

外資系の看護師

外資系というと海外勤務の看護師、というイメージがありますが、働くのはほとんど日本です。
企業の顧客対象は日本人なので、国内で働くと考えておいて良いでしょう。

ただし、研修や会議があれば企業の国の本店に赴くこともあります。
世界的に活躍している企業であれば、一緒に世界を渡り歩く可能性もあります。

外資系と一口に言っても、国内止まりか、それとも海外まで行く可能性があるのか、というのは転職前に知っておく必要があります。

メリットは?

6626de7660d8a58feed99923996b5d4d_s
転職するメリットは、英語の能力が活かせること、実力次第で給料アップが見込めること、です。

日本の看護の現場では、英語ができるからといってそれほど評価には反映されません。
外国人の外来・入院患者さんが多い医療機関であれば重宝される可能性はありますが、それが直接給料に結びつくとは限りません。

一方、海外の人と英語でやりとりする機会の多い外資系企業を転職先に選べば、今まで使う機会がなかった英語の能力を発揮できる可能性もあります。看護の実力ではほかの人に劣っていたけれども、英語の能力も加えればほかの人よりも一歩抜きん出て活躍できる可能性も出てきます。

また、外資系の特徴として、実力によって給料が変わるという特徴があります。
日本と違って実力主義という職場が大半なので、力がある人はどんどん給料を増やしていくことができます。

その力が認められて上にのぼっていけば、高収入も夢ではありません。

デメリットは?

ただし、転職するデメリットもあります。

まず、外資系の求人は病院看護師の求人に比べて圧倒的に少数です。
求人自体が稀で、募集していることはほとんど見かけません。

少数の求人の場合は非公開にされていることが多いので、医療従事者向けの転職サイトで情報を掴んだほうが良いでしょう。
それ以外にも、必ずしも英語の能力を活かせない可能性もあるということもあります。

職場によっては、職場の人がみんな日本人であるため英語を使う必要がないというケースもあるからです。
英語の実力を活かしたいならば、外国人労働者がいる職場を選ぶ必要があります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事