保育園看護師の求人はどういう風に探せば見つかる?見つけたときの注意点とは

保育園看護師の求人はどういう風に探せば見つかる?見つけたときの注意点とは

保育園看護師として子供と接する毎日を過ごしながら仕事をしていきたいと考えたら、どのようにして探すのが最も良い方法なのでしょうか。求人情報誌やインターネットなどの様々な方法がありますが、その特徴も考慮しつつ、効果的に探す方法を理解しておきましょう。

保育園看護師の募集は極めて少ない

保育園看護師になりたいと考えたらまず知っておかなければならないのが、他の仕事に比べると圧倒的に募集が少ないことです。
一つの保育園に一人ということが一般的であり、人気の高い仕事であることから就職したら働き続ける人がほとんどなのが原因となっています。

少子化が進んでいて子供の数は減っていますが、保育園の需要は高まっているため全体数は増える状況があるのは確かです。都会に近づくほど需要が高くて多くの施設がありますが、地域によってはほとんど見つけられない場合すらあるため、発見できることがまず大切という考え方を持って求人を探し始めることが大切です。

基本的な探し方は求人サイト

8--31

保育園看護師の求人を探す際には求人サイトを利用するのが基本です。
保育園が直接募集している場合もありますが、信頼できる人材を確保したいという意識を持っている場合が多く、そのために求人サイトを利用している場合が多くなっています。
求人サイトではエージェントによって看護師にもふるいがかけられるため、ある程度以上の資質を持った人を獲得しやすいのです。

大切な子供たちを預かっている施設だからこそ、人格やスキルを重視する傾向があります。非公開求人となっている場合もあるため、求人サイトに登録して探すとより求人を見つけられる可能性が高まるでしょう。

エージェントとのやり取りをする必要が生じる点で手軽さでは求人情報誌やインターネット検索には及びませんが、慣れてしまうとより手軽に広く深い内容を獲得できる方法です。

見つけても待遇には注意が必要

保育園看護師の求人を見つけられたときにはすぐに応募したい気持ちに駆られるはずです。しかし、給与には十分に注意しておきましょう。
平均に比べると給与水準が低いのが特徴であり、その生活費で満足に暮らしていけるかはよく考えなければなりません

一般職に比べて高いのは事実ですが、転職の場合には収入が減ることは覚悟しなければならないのが実情です。給与面で問題があるなら、私立に比べると企業内の方が給料が高い場合が多いため、そういった求人が出てくるのを待つという考えても持つと良いでしょう。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示