一般企業への転職タイミングは?知っておきたい看護師の転職事情

一般企業への転職タイミングは?知っておきたい看護師の転職事情

看護師として働く場に医療機関での勤務が大半を占めますが、この度看護師から一般企業への転職を希望する場合のタイミングとしてどういった時期が考えれるか、またどういった時期が適しているのか具体的に3つに分けてまとめてみました。

結婚や出産を機に退職や転職する

看護師として看護学校卒業から働き続け、結婚や出産という環境の変化から不規則な勤務体系で両立は難しく感じたり、夫の転勤でやむなく退職をせざるを得ない等、継続していく上でひっかっかる物が出てきた場合には転職や退職のタイミングと言ってよいでしょう。
特に看護師とは夜勤があったり、残業が多かったりと家庭との両立が難しく、育休を取って復帰するには勇気がいりますし、家族の協力が不可欠でもあります。
家庭を持ったら仕事の融通の利きやすい一般企業へ転職する人も増えています。

企業看護師として働きたくなった

800x500
看護師の職場は医療機関だけではなく、一般企業にも勤め先があります。
企業看護師と呼ばれるもので、企業内の保健室に常駐する事があります。
医療機関での勤務と大きく異なる点が規則正しい勤務体制で日勤の土日祝日休みが多いという事です。
勤務体制に憧れて転職を考える人や、医療機関以外での看護師の仕事をしてみたい人、家庭と両立した働き方がしたい人等多くの動機があります。

また、危篤な患者さんが少ないので精神的にもゆとりをもって業務をこなす事もできるでしょう。
デスクワークの比重も大きく、事務の仕事も苦ではない人には向いているでしょう。
また、臨床経験を活かして製薬会社などにも転職する人もいます。

看護師という職業を全うした、研修時に違うと感じた時

理想や憧れで就いた職業で数年納得して働き尽くした人にとって一般の企業で働いてみたいとふと思いつく事があります。
反対に看護学校で実習中に「なんか思っていたのと違った」という理由で国家資格を取って卒業はするものの、看護の仕事以外の仕事に就きたいと思う人もいます。
看護学校に在籍中であれば、就職活動時に一般の企業を受ける人も多くいます。

また、すでに働いている人でも就職活動をしつつ病院を退職するという人もいます。
ただし注意したい点は在職中での退職期間は意識して選ぶと良いでしょう。
年度末や後任が入ってから等、職場の状態を汲み取って退職時期を選ぶと円満な退職がしやすいでしょう。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示