HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師が民間企業へ転職して当たる壁とは【給与の違いが一番の大きな壁です】

看護師が民間企業へ転職して当たる壁とは【給与の違いが一番の大きな壁です】

看護師が民間企業へ転職して当たる壁の一つに、まずは大きな壁として、給与の違いです。

看護師さんの給与

看護師さんの仕事は、専門職であり、国家資格であるためかなり高い給与とされています。

しかし、通常、民間企業などに転職した場合、例えばその民間企業で事務職として働くとしたら、今までの給与の半分以下の給与となってしまいます。

そのため、看護師の仕事が嫌で嫌で仕方なく転職した場合に、民間企業に夢を抱いている人が多いものですが、実際には給与の面では、看護師さんはかなり給与が高いと言われているので、事務職などに就いてから、給与明細を見て、愕然とする人もいるほどです。

民間企業での給与の格差と現実

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s
それほど、給与の面では格差が大きく、実際に看護師として働いていた時には、高級車などに乗って、休日には高級ホテルなどで外食を楽しんでいたという方でも、民間企業の保険の営業職や上記のような事務職に就職した後には、車なども売り払い、一人暮らしをするのがやっと…と後悔する人も少なくありません

そのため、一度、転職に成功したとしても、また看護師として働いた方がいいのかな、と思うことや、子どもさんなどがいる場合には、将来のお子さんの学資金などのことも考えて、このままの給与では駄目だ、と看護師に戻るケースもあります。

「看護師はモテる」は間違い!?

また、一般的に世の中の男性は看護師という肩書に、憧れを持っている男性も多いので、合コンなどでこの仕事に就いている!と言うと、モテることがとても多い仕事の1つですが、実際に民間企業などに移ってしまってからは、そのような職業に就いてます、と言っても、あまり男性の反応が良くないことが多くなります。

そのため、プライベートでもあまりモテなくなったな…と感じる方もおり、また、民間で働くと、色々な独特な人間関係、上下関係が会社ごとに異なっているため、それらに対しても壁を感じる人もいます。

転職などを行う際には、医学的な知識があると、採用などを行う人事担当などは、いざという時に他の社員さんなどを助けてもらえるかも!と期待することも多く、採用自体はうまくいくケースが多いとされていますが、実際に働いてみると、上記のように、給与の面など、とてもいろいろな悩みを抱えることになってしまい、困惑する方もとても多いです。

特に上記に挙げたように、給与面でショックを受ける人が大変多く、今までの当たり前の食事内容や金銭感覚が変わってしまった、という人がとても多いことが現状に起こっています。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事