HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護職の採用情報の見つけ方。採用サイトを使わずに見つけることは可能?

看護職の採用情報の見つけ方。採用サイトを使わずに見つけることは可能?

資格を取得したからには看護職として働きたいと考えるのはもっともでしょう。
その際に採用サイトを利用するのが一般的な方法として広まっています。採用サイトを利用するメリットも理解しておくと良いでしょう。しかし、採用情報を見つけるための選択肢は他にもあることも留意して取り組むことが重要です。

採用サイトが基本のアプローチ

看護職で仕事を探したいと考えたら、看護師資格を持っている人を対象とした採用サイトを利用するのは基本のアプローチとして理解しておくに越したことはありません。豊富な採用情報に加えて、就職や転職の際に役に立つ情報が広く提供されているため、看護職の仕事を見つけたいと考えたら有用な情報源になります。

一般的に用いられる多様な情報を網羅した採用サイトに比べて看護師の事情がよく反映されていることに加え、求人の数も多いのが特徴です。また、仕事先の探し方についての相談も行えるため、自分の働きたい職場を見つけるのにも適しているでしょう。看護職で働きたいと考えたらまずは採用サイトを利用するのが賢明です。

ナースステーションからの情報も大切

9--3

採用情報を見つける方法として採用サイトを利用するのはあくまで基本のアプローチです。他にも採用情報を集める方法があります。最も着目する人が多く、情報量も豊富なことが多いのは地元のナースステーションの活用です。

ナースステーションでは地元の看護師を支援する目的で様々な活動を行っており、看護職の仕事の紹介も行っています。採用サイトとほとんど同じ場合もありますが、ナースステーションにしかない求人情報があったり、より詳細な勤務条件などについての記載が行われていたりして有用性がより高いことも少なくありません。
情報源として採用サイトに匹敵する有用性があると言えるでしょう。

地域によっては地方公共団体からの情報提供もある

ナースステーションはほとんどの地域に設置されています。
しかし、さらに別の採用情報を得るための手段として、地方公共団体による情報提供がしばしば行われています。

地域によって事情は大きく異なりますが、都道府県レベルで看護師を増やすための事業として行われているのが一般的です。看護職の求人情報だけでなく、転職や再就職、復職のためのサービスについても紹介されている場合が多いため、仕事探しをする上でその地域に根ざした方法を調べるのに適しています。
看護職で働きたいと考えたら目を向けてみると良い情報源です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事