HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師の履歴書の書き方とは。志望動機でアピールすべきポイント

看護師の履歴書の書き方とは。志望動機でアピールすべきポイント

志望動機を伝えるのは看護師が履歴書を書く上で欠かせない点です。他の項目は客観的なものですが、自分の主観を交えてアピールできる数少ない項目だからです。
採用してもらえるために重要な位置を占めるため、適切な書き方を理解しておきましょう。
合否を決める重要な要素になります。

看護師の履歴書は志望動機こそが重要なポイント

仕事につきたいと考えたら必ず書かなければならない重要書類が履歴書です。
看護師の場合にも他の職種の場合と書き方に大きな違いはなく、それまでの学歴や職歴に加えて、趣味や特技などについて記載する欄がある一般的な書式が用いられます。

そのほとんどの項目は既に決まってしまっている経歴を客観的に記載したものであり、正しく記載されていることだけが重要になるのが事実です。しかし、履歴書には必ず存在する志望動機は自分の売り込むための数少ないポイントになります
ここでどれだけ自分をアピールできるかが採用の可否を決める大きな要素になるのです。

目的意識と実現手段の明確化が肝心

10-24

履歴書の志望動機の書き方の基本として抑えておきたいのが、目的意識を明確化した上で、その実現手段として志望していることをはっきりと伝えることです。

新しい職場を探すからには、それまでには実現できなかった目的を実現したいという気持ちがあるでしょう。それをわかりやすく率直に伝えるのが第一報です。
そして、志望している先で仕事をすると、その目的に向かって飛躍できる可能性があることを明確に伝えるのが大切になります。

そのためには志望先についての情報収集が欠かせません。
根拠に基づいて確かにそうであると面接官が理解できるように書くのが肝心です。

これまでのキャリアとの関連性のアピール

志望動機の書き方として、自分にとってメリットがあるだけでなく、雇用者側にもメリットがあることを示せるのが理想的です。
その際に役立つのがこれまでのキャリアとの関連性をアピールするという視点になります。

同じ診療科での勤務経験があればそれは直接的なアピールポイントとなるでしょう。
もしそうでない場合にも、これまでの現場で培ってきたスキルについて、新しい現場で活用できる可能性について示すのが効果的です。

また、それが目的と関連付けられれば理想的であり、雇用する側から考えても、実力面からメリットを受けつつ、意欲を持って働いてくれる看護師が確保できると考えて採用してくれる可能性が高まるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事