HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 助産師の求人情報の探し方。仕事内容を見るときに大切なこととは

助産師の求人情報の探し方。仕事内容を見るときに大切なこととは

スキルアップをして助産師の資格を取得したら、活躍できる現場で働きたいと考えるでしょう。その際にはどのようにして求人情報を探したら良いのでしょうか。
豊富な情報を眺めていてもわからない点にまで気をっ配っておかないと、やりたい仕事ができない可能性があるので注意が必要です。

基本的な求人の探し方

助産師になって働こうと考えたら基本的な勤め先は病院やクリニックの産婦人科です。
他にも公務員になるなどの道はありますが、出産の場面で活躍したいという気持ちで助産師になる人が多いでしょう。

その際の求人の探し方として基本となっているのが看護師専門の転職サイトを利用して探す方法です。助産師資格を条件としている募集を検索すれば速やかに該当する求人募集として流通しているものが見つかります。

こういったサイトの信頼性が高まっていることを受けて、多くの病院やクリニックが募集をするようになっているのが現状です。市場にあるほとんどの一般募集が見つけられるといっても過言ではない状況があるので、真っ先に調べる方法として選ぶと良いでしょう。

現場によって違う産科と婦人科のバランス

®‘ÌŽt—«

産婦人科では助産師の求人は豊富にあります。しかし、実際に仕事内容について見るときには産科と婦人科のバランスを考えるようにしましょう。
出産に関わる仕事をしたいと考えたら産科を中心として行っている産婦人科を選ばなければなりません。

産科としての仕事はほとんどなく、基本的には婦人科として機能している現場はよくあります。具体的なバランスがわからない場合には直接問い合わせをしてみるのも良い方法です。単刀直入に聞きにくい場合には、患者の病気として代表的なものを聞いてみたり、年間の分娩回数についての情報を得たりしてみると良いでしょう。

業務だけでなく人間関係も配慮

業務について具体的に話を聞いてみるのも大切ですが、実際に働いてみると職場の人間関係についても悩みをもちがちになります。現場によって助産師と看護師の立ち位置に大差があるからです。

特に産科が優先している現場では看護師が負い目を感じるような現場になってしまっている場合もあります。それで良しと考えられるなら問題はありませんが、もっと仲良く接することができる現場が良いと考える場合もあるでしょう。

そういった現場の雰囲気については客観的な視点が大切であり、転職サイトから情報収集をしてみると確実な情報が得られます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事