HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師が別職種へ転職できるのは何歳くらいまで?年齢の上限や可能性について

看護師が別職種へ転職できるのは何歳くらいまで?年齢の上限や可能性について

人間関係、患者さんに対する責任感、夜勤の辛さ、といった重圧から逃れたいと感じて、別職種に転職したいと考える看護師も少なくありません。
ここでは、転職先の別職種として選ばれることが多い職場、何歳くらいまで転職可能か、について見ていきます。

転職先として多い職場

別職種で多いのは、医療関係の会社員、エステや美容系のスタッフ、一般企業の事務職員、アパレル店員、飲食店のスタッフ、などです。
医療関係の会社以外は、全く畑違いの仕事が多いことが特徴です。

看護師というのは毎日人の生き死にに関わる仕事で、正直辛いことも多いです。
必死に看護しても悲しい結果に終わってしまうこともあります。

それに対して、転職先として選ばれているのはサービス業が多いです。
事務職員はそれほどではありませんが、他はお客さんに対してのコミュニケーション能力が重要になります。
患者さんとのコミュニケーションをとってきたスキルを活かして働くことができます。

何歳が上限?

b3edab4303ca5e9c50cffcad85c0655d_s
以上の職場を見てみると、それぞれの仕事がどれくらいの年齢まで受け入れてくれるかを考えることができます。

エステなどの美容系は、20~30代が上限でしょう。
それ以上になると経営者として働くことが多くなります。
アパレル店員や飲食店スタッフはお店や客層によって異なりますが、立ち仕事が多いので50~60歳くらいがラインです。

医療関係の会社員や事務職は細かい仕事が求められるので、注意力が続く40歳くらいまでが上限でしょう。
また、こちらが働ける年齢でも、採用する側が受け入れてくれない可能性もあります。

一般的に言って、30代後半になると転職はかなり厳しくなります
なので、看護師が別職業で本格的に働きたいというのであれば、30代中半までには移っておく必要があります。

また看護師として働ける可能性もある

仕事を変えた人の中にも、また看護の世界に戻ってくるという人はいます。

結局自分には看護の仕事があっていたと感じて、戻ってくるようです。
他の仕事も楽しいけれども、なんとなくやりがいを感じられなかった、という理由で戻ってくる人もいます。

他の職業は就職難と言われていますが、看護の職場は慢性的な人手不足なので、何年か働いて戻ってきても受け入れてくれる可能性は高いです。
ただし、10年以上経ってしまうと新人と同じ扱いになるので、以前働いた経験を活かせる可能性は低いでしょう。
このような事情や年齢のことも考えて、仕事を考えてみましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事