HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 動物看護士の資格取得方法とは。勤め先はどういうところがある?

動物看護士の資格取得方法とは。勤め先はどういうところがある?

動物看護師とは、動物病院等で働く獣医師を補助するのが主な仕事ですが、獣医師とは違い、動物看護師は国家資格ではありません。
民間の団体が独自で決めた教育カリキュラムを講習や通信講座で学び、試験を行い、それに合格した者に対して、各団体が資格を発行しているのが現状です。

ですから、仕事につくには、特に資格は必要とはしませんが、持っていれば、就職の際に有利に働きますので、持っておくに越したことはありません。

今後の動物看護士の在り方

現時点では民間資格ですが、この先は「動物看護師統一認定試験」を受け、合格した人が動物看護師として働くのが一般的な形になると言われています。しかし現時点では、複数ある認定を統一化するわけではないようです。
また、通信講座でも、就職に不利ということはないです。

動物看護師の資格を取得したからには、多くの人が動物病院に就職することに希望を持つことでしょう。しかし動物病院にも限りがありますので、みんながみんな希望通りの就職が出来るかと言えば、難しい部分もあります。

就職先はどんな場所

9--23

それでは折角学んだ知識を生かすには、動物病院以外にどんな就職先があるのでしょうか。
最も需要が高く、必要とされるのはペットショップです。
これから新しい家族を迎えようとしているお客さまは、動物についてあらゆることが知りたいので、きっと色々な質問をしてくるはずです。その時に動物のことについて詳しく、専門知識のあるスタッフがいると、お客さまもショップ側も大変心強いです。

ペットホテルも同じです。大事なペットを預けるのに、動物について詳しい人がいないと不安です。その時に動物看護師としての知識を持っていると、お客さまは安心して預けることが出来るでしょう。

ペットシッターはお客さまの家に訪問して、ペットのお世話をするのが仕事ですが、この仕事も動物看護師としての知識を持っている人と、持っていない人では、心象的に大きな違いがあります。

また、ペットの高齢化が問題になっている昨今、飼い主も高齢で面倒をみれなくなったとか、想像以上に手が掛かるようになったなどの様々な理由で、老犬ホームに愛犬を預ける人も珍しくなくなって来ました。老犬ホームは今後益々増えていくでしょう。
そのような施設でも、今後は求められていくのではないでしょうか。

動物に関わる仕事には有利な資格

また、最近の学校では、グルーミングの勉強をするとことも多いので、動物看護師の専門知識を持ちながら、トリマーとして就職することも出来ます。
極端な話を言えば、動物に関わる仕事をしている全ての人が持っていてもおかしくはない資格です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事