HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 緩和ケア認定看護師の資格取得方法とは。勤め先はどういうところがある?

緩和ケア認定看護師の資格取得方法とは。勤め先はどういうところがある?

患者の苦痛を軽減するスペシャリストとして活躍するためには健和ケアについて学ぶ必要があります。その最たる資格が緩和ケア認定看護師ですが、どのようにして取得ができるでしょうか。その後のキャリアパスについても確認しておきましょう。今後も需要が高いと理解できます。

緩和ケア認定看護師になるには

緩和ケア認定看護師となるために必要なのは一般的な認定看護師の資格取得の条件と同一です。認定看護師の専門領域の一つとなっているのが緩和ケアであり、現代で必要とされている看護スキルを習得するための過程が設定されています。

緩和ケア認定看護師になるためには看護師免許の保有、通算五年以上の実務経験、通算三年以上の緩和ケアに関わる看護実績、五例以上の緩和ケアを受ける患者のケア経験が必要とされています。看護実績に関しては病院であっても在宅ケアであってもよく、必ずしも専門ではなくても患者数が多い現場として認められれば構いません。

この条件を満たした上で615時間以上にわたる教育課程を修了し、認定審査に合格すると緩和ケア認定看護師としての資格が得られます。

取得で描けるキャリアパス

9--27

緩和ケア認定看護師の資格を取得すると患者の苦痛を軽減するためのスペシャリストとして活躍の場が広がります。在宅看護における疼痛管理は緩和ケアにおける最も重要な領域であり、キャリアパスとして描くことができるでしょう。

しかし、現実にはそのキャリアパスを選ぶ人はあまり多くありません。
むしろ勤め先としては規模の大きな総合病院や大学病院、専門病院が選ばれています。

これは緩和ケアの指導者として他の看護師にノウハウを伝える人材としても重宝されているからであり、現場を指揮する人材として積極的な採用が進められています。活躍次第では昇進の可能性もあるため、キャリアアップ志向の強い人にとって有利な資格となるでしょう。

現在も今後も需要が高いがん領域

診療科として緩和ケア認定看護師が注目されやすいのはがん領域です。
皮膚科や救急でも必要とされていることが多いものの、最も重要になっているのががんによる疼痛の管理となっています。

がん患者は増加の一途を辿っているのが現状であり、今後もその需要が低下することはないでしょう。患者のQOLを高めるための看護のスペシャリストとして多くの病院で渇望されているのが緩和ケア認定看護師です。
取得すれば生涯にわたってニーズの高い人材として活躍できるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事