HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 慢性心不全認定看護師の資格取得方法とは。普通の看護師と違う役割はどういうところ?

慢性心不全認定看護師の資格取得方法とは。普通の看護師と違う役割はどういうところ?

患者が着実に増加している慢性心不全の患者の看護を担うスペシャリストとなるには、慢性心不全認定看護師になるのが良いキャリアアップです。
資格を取得すると現場では他の看護師とどのような違いが生じるのでしょうか。
取得の方法と、その後についての理解を深めると魅力がわかります。

慢性心不全認定看護師になるための方法

慢性心不全認定看護師になるためには認定看護師としての認定を受ける過程を進む必要があります看護師として5年以上の実務経験と、3年以上の慢性心不全患者の多い医療機関での勤務経験、5例以上の慢性心不全患者の症例経験が求められているのが基本です。

この条件を満たした上で、六ヶ月に及ぶ教育を受けて知識と技術を身に付けることが求められています。その教育を受けた後、効果測定のために認定審査を受けて合格すると資格が与えられるのが認定の仕組みです。

教育を受けるための入学試験が激戦区となっていますが、入学して授業を受ければほとんどの人が認定審査に合格できています。知識と技術を身につけるための教育を受けるために受けるキャリアアップの道という理解をしておくと良いでしょう。

現場での指導と管理を基本とする役割

11-20

慢性心不全認定看護師になると現場での仕事は個々の患者のケアを行うよりも、現場の看護師を指揮したり、患者の看護管理を行ったりする立場になるのが一般的です。

患者の看護計画の立案をしたり、現場で患者の看護を行っている看護師に対して具体的なケア方法について指導したり、セミナーを行って生活指導や看護技術に関する情報提供を行ったりすることが多くなります。
役割として全体を管理する立場が求められるのが慢性心不全認定看護師の特徴です。

指導的な立場から昇進の可能性の開拓

資格を取得すると指導や管理を行う立場になることから、必然的にキャリアパスとして管理職への昇進の可能性が切り開かれます

職場によって必ずしもそのような状況があるとは限りませんが、看護主任や看護師長のポストが空いた際には昇進の有力候補になるのは必然です。
慢性心不全認定看護師の資格を取得することで、キャリアアップを行って管理職につきたいと考えるのは賢明な判断となるでしょう。

また、その実務経験を経て転職によるキャリアアップを図ることも可能です。
慢性心不全の管理に興味があり、上昇志向を持っている看護師にとって慢性心不全認定看護師の資格は有益なものになるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事