HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 日本看護協会の認定看護師を目指す方法とは。向いている人はどんな人?

日本看護協会の認定看護師を目指す方法とは。向いている人はどんな人?

看護師のキャリアアップの方法として筆頭にあがるものの一つが日本看護協会の認定する認定看護師になる方法です。看護師として飛躍するために役立つ方法としてよく知られていますが、どのような過程を踏む必要があるのでしょうか。
高みを目指すための選択肢として考慮してみると良いでしょう。

認定看護師になるための必要条件

日本看護協会によって認定されることでなれる認定看護師は、21の専門分野に分かれています。そのそれぞれについて認定を受けることが可能ですが、必要とされる条件を満たさなければ認定を受けることはできません。

看護師の場合には最低条件を満たしていますが、看護師として実務経験を5年以上行い、さらに認定を受けたい専門分野で3年以上での実務経験がなければなりません
これを前提として日本看護協会が認めている教育機関で六ヶ月以上の教育課程を修了し、さらに認定審査を受けて合格を受けると認定を受けられる仕組みになっています。

日本看護協会の教育過程で学べること

9--22

日本看護協会では教育課程を設けることで看護師のスキルと知識の飛躍的なレベルアップを図っています。615時間以上にも及ぶ半年間の学習及び実習では、その専門分野における基礎的な学問の履修から、実践的なケーススタディー、現場での実践訓練を行えるのが特徴です。

同じ現場で働いていると知識も偏ってしまい、学べるスキルも限られてしまうのが事実です。しかし、この教育課程を経ることで幅広い視野を持って働けるようになるためのスキルと知識を身につけ、確かな自信を持って現場に戻ることができます。その証として認定を受けられると理解しておきましょう。

現場での活躍を目指すなら取得したい認定

認定看護師に向いているのはその特定の専門分野における現役のエキスパートとして活躍したいと目指している看護師です。現場で必要になるスキルや知識を網羅的に体得できることに加え、特殊なケースであっても対応できるようになるための思考のトレーニングも十分に行うことができます。

認定を受ける以前には判断できなかったようなケースでも、自信を持ってより良い看護の方法を選べるようになり、高い信頼を持って現場で働けるようになるでしょう。
必然的に現場のリーダーとしての地位を獲得するようになって、指導的な立場で働くようになるバア芋少なくありません。
限られた領域の中とはいえ、確実に活躍できる足場を作るのに役立つ方法なのです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事