HOME > コラム > 働き方について~人気の雇用形態 > 夜勤専従看護師の求人情報の特徴とは。働くときの注意点と勤務先の選び方

夜勤専従看護師の求人情報の特徴とは。働くときの注意点と勤務先の選び方

夜勤専従看護師は夜勤を専門にする看護師です。
体力を使う仕事ですが、慣れたら働きやすいですし、お給料も高いです。

夜勤専従看護師の求人の特徴は大きな病院の募集が多いこと

夜勤専従看護師の求人は大きな病院が募集することが多いです。入院している患者さんが多いところが、この仕事をできる人材を求めています。夜勤っていうと、大変そうというイメージがありますが、慣れたらそうでもないです。

日勤ばかりしてる人だったら、最初は疲れます。
でも、体が夜働くリズムになれたら、案外簡単に仕事ができます。

大きい病院は、人間関係が大変です。
でも夜勤をしていたら、人間関係のことは気にしなくてもいいですよ。
勤務している看護師さんは少ないで、他の人のことを気にする必要はありません。

大きな病院は患者さんは多いですが、夜はみんな寝ています。
寝ているから、ただ見回るだけでOKです。急に容体が悪くなった患者さんがいたら、やっぱり大変です。でも、そんな患者さんが出る回数は少ないです。

夜勤専従看護師の求人は多くて、給料も高い

11-18

このタイプの看護師の求人は多いんです。いつもどこかの病院が募集してます。
みんな敬遠するからなんですが、ちょっともったない話です。

この仕事はお給料が良いです。日給制のところが多くて、日給は3万円を超える病院もあります。正社員の募集は少ないですね。パートや契約社員として雇用されますが、お給料が良いので正社員になれなくても、不利にはなりません。

職場を見つける時は、途中で十分休みが取れるところを見つけましょう。
夜間の仕事なので集中力が途切れちゃうことがあります。でも、休みが取れたり、仮眠が取れたら朝まで働けます。

自分のお家の近くの病院が良いですよ。夜勤明けに車を運転して帰るのは、大変なので自分の家の近くの病院を見つけましょう。小さなお子さんがいる人は、この仕事は避けた方が良いですね。夜間に働くので、家に残してきた子供さんのことが気になります。

病院以外の仕事もあります

夜勤専従看護師の求人は、病院以外の施設が出すこともありますよ。
有料老人ホームなどの介護施設で、働く仕事なんです。病院の仕事より介護施設の仕事の方が楽なことが多いです。

病院の場合は病気の人が入院しているので、気を抜けない面があります。
でも介護施設は元気な人の方が多いので、病院ほど気を使う必要はありません。でも、認知症の人が多い施設だったら、大変なことがあります。夜間に騒ぐ人もいるからです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き方について~人気の雇用形態」の関連記事