HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > クリニックでのナースのお仕事の特徴【仕事内容について】

クリニックでのナースのお仕事の特徴【仕事内容について】

総合病院でナースのお仕事を始めると、夜勤と昼勤にわかれどうしても生活が不規則になります。
たとえば総合病院ではたくさんの科がありますが、多くの重篤な患者さんが運ばれてくる脳神経外科では仕事の内容がハードになります。

脳神経外科の仕事内容

脳神経外科にかかる患者さんの多くは、脳内出血や脳梗塞で倒れて救急外来に運ばれてくる患者さんが大半です。
救急車でICUに搬送され、一通りの検査が終わると自分が担当した患者さんであればひと時も目を離せないぐらい慌ただしくなります。

ICUに入ると、バイタルなどにナースが気を配り、意識がはっきり患者さんであればナースコールが鳴るので、他の患者さんの介助をしているときでもかけつけなければなりません。

夜勤のときはナースの数が限られているため、ナースコールや携帯での連絡を気にしながらの介助となるのでとても緊張します。
それに脳内出血や脳梗塞など生死にかかわる病気の場合、患者さんの容態が急変することもあり、ドクターとの連係も密にする必要があるのが特徴です。

1つ1つの行為が緊張のともなう医療行為、介助が多い総合病院ですが、学ぶこともたくさんあります。

クリニックの仕事内容

看護師1

一方、クリニックでの勤務はどのようなクリニックに勤めるかで、ライフスタイルがかなり変わってきます。

入院施設がないクリニックであれば、家庭と仕事の両立がかなりやりやすいのが特徴です。

たとえば地元の心療内科クリニックに勤めたとします。
精神科と違って入院施設がないところが多く、通院治療がメーンの患者さんが多いので、朝出勤すると夕方には帰ることができます。

しかしうつ病、統合失調症など苦しんでいる患者さんが多いので、血液検査や会話をするときに相手の立場を思いやりながら接することが大切になってきます。

さらに初診の患者さんの場合、患者さんに事前にヒアリングをする必要があるので、なるべく病気について知識があり、クリニックに勤めてからも勉強する必要があります。

クリニックではおおらかに働ける

総合病院のようにクリニックは大きくないので、患者さんと密にかかわることが多いのが特徴です。

通院歴の長い人とはどうしても顔なじみになるし、少しずつよくなって社会復帰していく姿をみるとダイレクトに喜びとやりがいを感じられます

総合病院で広く浅くナースとしての実績と実力を作るのもいいですが、クリニックではほのぼのとして働けるのが特徴です。

ナースの仕事に就いた人は、なんらかの形で一生働く人が多いと思います。
なるべく自分にあった働き方を選択するのがお薦めです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事