HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 動物看護士の給料はどれぐらい?獣医師との違いとは

動物看護士の給料はどれぐらい?獣医師との違いとは

動物看護師になってペットたちのケアをしていきたいという人は、実際にどのくらい稼げるのかを知っておきましょう。獣医師になって働く場合との違いもよく理解しておくと、本当にこの道を歩んで自分の目的を達成できるのかがわかります。

動物看護師の給料の実態

動物看護師は看護師という名前を冠していますが、実際には国家資格である看護師の資格は必要ありません。動物看護師になるためには国家資格とは異なる認定試験に合格することで働くことができます

看護師の給料は高いと言われていますが、それとは別枠であることを理解しておく必要があるでしょう。看護師の平均年収が470万円程度であるのに対して、動物看護師の場合には300万円程度であるのが実情です。

アルバイトで稼ごうと考えても時給が1000円を越えることはあまりなく、全く稼げないわけではなくとも高年収を目指せる状況ではないという点に留意が必要です。

資格を有しているから働きやすい

9--24

動物看護師の資格を取得しても給料で有利になるわけではありませんが、働きやすくなるのは事実です。ペットショップや動物病院で働くには資格を有していると有利になります。

基本的な動物の取り扱いについて長けていると評価してもらえるからであり、ペットの飼育についても、獣医師のサポートについても有能な人材であるという判断が得られるでしょう。勤務先の探しやすさという意味では資格を取得するメリットがあり、アルバイト先を探したいというときにも速やかに獲得できるでしょう。

獣医師とは違ってできないこと

動物病院で働こうと考えた場合には獣医師との違いについての理解も必要です。
基本的には獣医師のサポートをする立場になり、預かった動物の世話をしたり、調剤や手術の補助をしたりするのが基本業務になります。
また、飼い主からの相談に応じる仕事も任されることが多いでしょう。

しかし、国家資格として認められている獣医師とは異なり、動物の病気について診断を行ったり、治療の手を下したりすることはできません。こういった仕事は国家資格を有している獣医師によって行われるものであり、あくまでその指示に従うサポート要員として働くことになると理解しておきましょう。

その分、獣医師よりも預かったペットと接する機会は多くなります。病気になってしまった動物を直接いたわってあげたいという気持ちが強い人にとっては天職になるのが動物看護師と言えるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事