HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 不妊症看護の認定看護師の業務内容・体験談【原因の理解や患者の意志を尊重しよう】

不妊症看護の認定看護師の業務内容・体験談【原因の理解や患者の意志を尊重しよう】

医療技術の進歩によって不妊治療を受ける人々は年々増加傾向にあります。

不妊に関する原因や治療を受ける理由もさまざまで、高齢出産や治療の長期化などによって不妊治療の現場は高度に、複雑になっています。

そのために不妊治療を受ける患者さんの対応をする看護師もそれぞれの事情に応じた精神面や身体的なケアが必要になってきています。

このような役割を担うために不妊症看護に関する幅広い知識、カウンセリングや検査、治療に関する情報提供が行える認定看護師がいるのです。

不妊症看護認定看護師とは

不妊症看護認定看護師の業務内容は、不妊症に悩む人々の治療全般に関わることです。

アセスメントから看護ケアの計画立案、実施、評価からはじまり不妊症に悩むカップルの自己決定を支援しつつ、不妊治療の専門として支援していかなければなりません。

そのようなカップルや家族に対しての相談、必要に応じてカンセリングをおこなうこともあります。

検査自体は医師が行いますが、認定看護師になると関わる範囲が広がり、検査に立ち会うこともあります。
さらに不妊に関する情報提供も行います。

求められる専門知識や技術

207389

不妊治療看護の看護師にはさまざまな知識や技術が求められます。

まず、不妊症を受ける際には身体的、精神的負担はもちろん、費用や時間などたくさんの課題があります。
これらに関してのストレスは計り知れず、さらには成功すると断言もできません。

そうすると精神的に追い詰められる人も少なくありません。

不妊についての原因の理解や患者の意志を尊重しつつ、自己決定できるようにサポートする力が求められます。
また、専門外の業務内容もあります。

治療や処置、看護における優先順位を決定する場合もあります。
さまざまなストレスやジレンマに悩まされた時の相談にも乗らなければなりません。

不妊症看護認定看護師の体験談

豊富な知識と技術を求められる不妊症看護認定看護師は多種多様なケースに遭遇します。
全てが同じ、というわけにはいきません。

厳しい業務内容のなかで、さらに患者さんのサポートも求められます。

現在少子化と叫ばれる国内でこのような過酷な業務内容に携わることは決して簡単なことではありません。

しかし、それでも子どもを授かりたいという気持ちに偽りはなく、少しでも力になれるように尽力することが不妊症看護認定看護師の役目なのです。

誰もが納得のいく治療を受けることができるように活動の場に身をおくことで次につながっていくのです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事