HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > 応援ナースって何?給料がいいと噂の真相とメリット・デメリット

応援ナースって何?給料がいいと噂の真相とメリット・デメリット

応援ナースで働くのは給料がしっかりと入って稼げるという噂があります。
どのような形で働く仕事なのでしょうか。働く際にはメリットとデメリットを知って、自分の働きたいスタイルに合っているかどうかをよく考えることが大切です。

都心や離島で働くナース

応援ナースというのは都心や離島にある病院での人材不足を補うために派遣されて一定期間だけ働くナースの仕事です。都心では時期によって多くの人材が必要になる病院がしばしばあり、その働き手を求めて応援ナースが募集されています。

また、離島では常にナースの数がまるで足りない地域が多く、一人でも多くの人に働きに来て欲しいと考えているのが一般的です。このような背景で必要に迫られて集めているナースの人材であるため、基本的には高待遇で短期間の仕事となっています。

応援に行って働くメリット

10-12

応援ナースとして都心や離島で働くメリットは待遇の良さです
非常勤の仕事に比べると高い給料が与えられるだけでなく、住居も手配してもらえるのが通常となっています。さらに現地までの旅費や引越料金も手配してもらえるため、実質的に金銭的な負担がかからずに働き始められるのです。

特に都心でしかできない都会生活や、離島への移住生活などに興味を持っている人は期間限定で働けるのも魅力となるでしょう。

契約にもよりますが、半年程度の契約になるのが一般的だからです。働きたければその後も延長できる場合もあります。特に離島で働き続けたいという場合には、任期後に正規雇用で働ける可能性も高いため、移住を目指して仕事と生活の体験をするのに適している方法です。

人材を必要としている病院も数が多いことから、様々な現場で経験を積みたいというナースにとっても有益な選択肢となるでしょう。

応援に行って働くデメリット

応援ナースとして働くデメリットは期間が限定されてしまうことです。
特に都心の応援ナースの場合には限られた期間だけ人材が欲しいという場合が多く、継続して高い給料で働き続ける可能性はあまり高くありません。

また、即戦力となる実力が重視されるため、現場に入って速やかに状況を理解して順応できるスキルが求められるでしょう。給料が高い反面、高い能力が要求されるため、やりがいがあるとも言えますが、仕事が忙しくなりがちなのはデメリットに感じる人も多い点です。自分だどのようにして働いていきたいかを重視して選択するのが賢明な判断となるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事