HOME > コラム > 働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる? > PET施設のある健診センターの特徴とは【看護師の役割】

PET施設のある健診センターの特徴とは【看護師の役割】

健診センターは、どのような検査を実施しているかによって施設の特徴が異なってきます。特にPET施設のある健診センターでは、他の施設とは違った特徴を持っています。

PETとは

アメリカではがんを疑う場合には、すぐにPETを行うため「PET First」と言われています。日本の人間ドックでは一般的には行っていませんが、一部の施設ではPETを行っています。

このようなPETの一番の特徴は、肺がんやすい臓がんなど、一般的な人間ドックでは早期発見が難しいとされるがんを見つけられることです。

PETにおける看護師の役割

問診
PETにおける看護師の業務は、主に問診、検査の説明、薬剤の注射です。
PETは最低でも4時間以上の絶食が必要となります。
そのため、食事の有無の確認や最後に糖分を摂取した時間を確認します。

また、PETをはじめて受けるという人も多いので、PETの説明や受診者さんが安心して検査を受けられるように援助することも必要です。そして、重要なのが注射です。

PETは、薬剤を注射してから約1時間後に撮影を行いますが、確実に血管内に注入を行います。確実に注射ができなければ、PET検査を行っても画像がうまくとれません。

加えて、薬剤は放射線を放っているので、血管外に漏れてしまうと大変です。必ず逆血を確認し、確実に血管内に注入しましょう。

PET施設を持っている健診センターの特徴

がんの早期発見に有効なPETですが、保険は適用されないので高額となります。
そのため、PET施設を持つ健診センターの特徴としては、比較的富裕層の受診者さんが来院することです。
そのため、接遇には特に厳しい施設が多いです。
基本的な挨拶をはじめ、言葉づかいや身だしなみは厳しい目でみられます。

このような理由から、PET施設のある健診センターに就職しようとしている人は、特に接遇を意識しましょう。

このように一般的な人間ドックを行っている健診センターと違い、PETがある施設では接遇を重視しています。また、看護師としてPETの業務につくときは、検査が確実に行われるよう注射業務と、受診者さんが安心して検査が受けられるような援助が必要です。

看護師も被曝の対象となりますが、被曝量は少ない上、ガラスバッチをつけて放射線量を測定しているため、それほど心配する必要はありません。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「働き先について~どんな仕事内容?どんな人に向いてる?」の関連記事