HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師のあるある紹介その1

看護師のあるある紹介その1

看護師が医療を提供する場合、医師の指示によることが多いです。しかし、患者さんの経過をよく知ることができる存在でもあります。

そうすることで自然と医師の腕を見分けてしまうので、今回はそうした看護師のあるあるを紹介します。
 

医師によって治療方針はいろいろ

同じ疾患で入院している患者さんでも、医師よって治療方針が違うことがあります。看護師はそれらを間近でみることができるので、その治療によって患者さんがどうなっていくのかある程度予測できることもしばしばあります。

医師によっては、看護師の意見として伝えることもできますが、それを嫌がる医師ももちろんいます。

意見を伝えたところで、治療の最終決定は医師にありますから、看護師としての意見は医師にとって助言程度な場合も多いです。

患者さんから医師について質問されたら

患者と看護師
このような背景にあっても、患者さんから「僕の主治医の腕っていいのかな」などと聞かれる場合があります。本当のことを話したくなる気持ちもありますが、ここは看護師として自分の意見を言わない方が賢明です。

もしもこのように患者さんから質問された場合には、一呼吸おいて「どうしてですか」と、患者さんがそのようなことを聞く心理を聞いた方が良いからです。

そして、患者さんの本当に聞きたいことや、患者さんの意見を聞いてから、返答をした方が医療としての信頼を落とす危険は少なくなります。

個人としてではなく、病院に所属しているということを忘れずに

病院には理念や方針がありますが、そこに従事している医療従事者にも個人の考えがあります。

しかし、患者さんと接する場合には、個人としてではなくその病院に所属している一看護師としてかかわった方が無難なのです。


このように医療の現場では、看護師が医師の腕についてわかってしまうことが多いです。

しかし、患者さんへの対応については、自分が所属している病院の職員としての自覚を持たなければいけないということが多いです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事