HOME > コラム > 看護師の実態 > 男性看護師が拒否される理由と求められる場面

男性看護師が拒否される理由と求められる場面

かつては看護婦と呼ばれていた看護師ですが、今では男性の看護師も存在します。
男性の看護師は女性とちがい、メリットな場面とデメリットな場面があるので、看護師を目指している男性は覚えておくと良いです。

起こりうる問題をあらかじめ予測しておくことによって、その後の対処もしやすくなります。
 

男性看護師はまだ少ない

男性の看護師はまだまだ人数的に少なく、看護師として働いている人の多くは女性です。また、学校においても女性が大部分を占めています。

しかし、看護師は医療において欠かせない存在で、需要がたくさんある職種です。
そのため、免許を持っておくことによって、仕事に困ることが少なく、男性でも看護師を目指す人がいます。

男性看護師を嫌がる患者さんの心理

しかし、現場では男性看護師を嫌がる患者さんもいます。
その多くは女性の患者さんです。

男性看護師の看護が拒まれるのは、特に陰部洗浄や尿道カテーテルの挿入といった羞恥心を伴いやすい処置の場面に多くあります。ただでさえ羞恥心を伴いますが、そのような女性にとって、男性にそのような処置をされるということに抵抗を感じることがあります。

また、人によっては採血などの検査や留置針を挿入するといった行為において、女性の看護師を希望する場合もあります。それは、指の太さや繊細さといった面から、女性の方が器用なのではないかという心理によるものです。

もしも患者さんから看護を断られた際には、女性看護師とバトンタッチをして、その旨をスタッフ間で把握できるようにしておきましょう。そうすることで、部屋の割り当てなどに配慮でき、両者が嫌な思いをしなくてすみます。

男性の看護師が求められること

看護師
一方、男性看護師は女性と違い力があるので、体位変換や移乗など、介護が多い部署では男性看護師の力が重宝されます。

例えば、体の大きな男性の患者さんの移動を手伝う場合に、女性では力不足なため複数で介助を行うことも多いですが、男性看護師では介助に必要な看護師が少なくてすみます。

また、精神科では患者さんが暴れてしまうこともあるので、そのような場合には男性看護師が中心となって抑制するというような場合もあります。そのため、精神科では他の診療科目と比べ、男性看護師が多い傾向にあります。


このように男性看護師は、男性であるということで女性のケアを行いにくい場合があるという反面、力が必要な場面では大いに活躍できます。看護師を目指している男性は、これらのことを知っておくと良いでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事